2016-08-25_081922

こんにちは。TGです。

今回SMAPの分裂がアレコレ始まってしまい、
香取慎吾さんは疲弊して引退の一途を辿ってしまいました。

そして…

なんとSMAPに残留した木村拓哉さんはソロ活動をするらしいじゃないですか!

SMAPには何の関心もなかったの?ということについてはさておき、今回の記事の方向性としては

  • 「デビュー時期はいつなのか」
  • 「デビュー時の名義・名前はどんなものに改名するのか」

これらについて調べてみることにしましたよ!

スポンサーリンク

キムタクのソロ活動再開はいつから?

今回ソロ活動そのものもオドロキでしたが
それ以上にオドロキだったのは

「ソロ活動を視野に入れて前から根回ししていたんじゃないの!?」

という用意周到さが随所に感じられることです。

たとえば今回のデビューに関しても

  • 活動はすでに来年からを予定している
  • 作詞作曲のディレクターを用意している
  • 曲名も準備しつつある

という感じでメッチャ準備してます。

いや、これ最初から解散織り込み済みですやん!そして芸能界怖いぃ!という感じですよまったく。

これから果たしてどうなってしまうのか、
ますます「4人」との間には深い、不快な溝が生まれることでしょう。

そしてもって、次に気になるのが

「活動開始時期はいつなの?」

というお話です。

大手メディアのニュースでは「来春にソロ名義に改名して活動スタート予定」という話がありますが、かつての何かの記念日を節目としてプロモーションを図ってきそうだと思う今日このごろです。

貴方はどう思いますか?

…と言っても、この記事では活動開始時期の予想をする所からでしたね。

ではでは、順番に予想していこうと思います。

あ、あと活動する際の改名する名義や名前についてもですね~。

デビュー時期と名前や名義を予想

今回のソロ活動は「来春の活動予定を視野に入れている」

というお話でした。

もしもこの話が本当だとするならば
来春という言葉をWikiってみることにしましょうか。

「来春」の定義は改めてチェックしてみると
来年の春、来年の正月を意味します。

ということは来年の1月~4月の間ですが
これだとビューティフルライフが1クール放送できます。

これでは時期予想とは言いがたいので
もっと精密に特定できないか考えてみますね。

筆者の雑で予備知識のないリサーチ結果としては、

「4月14日」

が濃厚ではないかなと。

「おい!4月過ぎてるやんけ!!」

みたいに思われてしまうかもしれません、。

ただ、この日はパートナーであり芸能界のドンとつながっている工藤静香さんの誕生日なんですよ。

この日以外で考えられることもあると思うので、もしも知識のある方がいましたら是非筆者の知識不足を補って下さいましたら幸いです!

関連記事 → 芸能界のドンとは?

名義は何になるのか?

今回の活動名義は何になるの?というのも

1つのチェックしておきたい指標ですよね。

今回のソロ騒動によってSMAPの看板を使うことはまず出来ない、というか一部のファンや世間の反感を買うことになりますので…。

果たしてどんな名前になるのか分かりませんが、
ジャニーズ事務所が考える名前の傾向などを考えたら
ソロ活動は結構シンプルなものになるのではないかなと。

今までのソロ活動をしたジャニーズ所属の方としては、

  • 堂本剛さん
  • 手越祐也さん
  • 山下智久さん
  • 赤西仁さん

などなどが挙げられますね。

そして活動名義は完全に個人名のままであることもあります。

なので今回の活動も
おそらく個人名になるのでは?

というのが筆者の予想です。

また、ジャニーズでソロデビューを果たすには個人でも動員できるほどの人気度が必要です。

音楽性の方向があって、ソロで実現したいという本人の欲求とファンの需要がマッチすれば堂本剛さんのように一定の濃いファンがつくことも予想できます。が、今回は解散によって歪みが生じた上に成り立ったソロ活動ですから、うーん…どうでしょうね。。。

今後のファンの意見や本人からの発表を待ってみましょう。

まとめ

今回の例は相当例外だと思うので、
ソロ活動の是非は問われるでしょう。

ただ、もはやすでにソロ活動の背景では
「業界の大物作曲家」によって
作詞作曲が手がけられているんです。

この人メッチャ気になるので
関連記事を用意していきますね。

関連記事 → キムタクが作詞作曲依頼した業界の大物とは誰?

また、今後はソロ名義で
紅白活動も視野に入れているという
強気っぷりです。

一体どこまで行くのか逆に気になってしまいますが、今後どんな形で事態が収束するのか、はたまた発展するのか‥疑問が疑問を呼びます。

何か思うことがあればコメントおねがいします!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ