2016-11-25_232101

どもども~!TGです。

上白石萌音(かみしらいしもね)さんと言えば、大流行中のアニメ映画「君の名は。」でヒロインを演じている今一番注目を浴びている役者・声優さんです。

今後は漫画原作のドラマ「ホクサイと飯さえあれば」にも出演が決定していて、しかも主演です!

まだまだお若い萌音さんですが、その芸術的な歌声や演技はすでにトップクラス。画家のモネを連想してしまいます。笑

でもって、彼女の驚きの経歴や演技・歌の評判についても注目です!主題歌「なんでもないや」の入ったカバーミニアルバムの評判も上々で、人気はうなぎのぼりと言えそうです。

今回の記事では、そんな萌音さんの出身や経歴、演技の評判について調べてきました。

Sponsored Links


Sponsored Links
Sponsored Links

上白石萌音の出身は鹿児島!大学は明治大学か?

萌音さんの出身地は公表されており、鹿児島県鹿児島市となっています。


そもそも上白石という名字自体珍しいですが、鹿児島には多い物なのだそうです。
そして思うことが一つ…鹿児島には美人さんが非常に多いですよね!

というか九州出身のタレントさんや女優さんでなくとも、一般人がかわいい傾向にあるとおもうのは筆者だけでしょうか?彼女たちも例外ではなかった、ということですね。

なお、妹さんの上白石萌歌(かみしらいしもか)さんも女優として活躍している才能にあふれた芸能姉妹で、ともに東宝芸能に所属しています。

妹さんの萌歌さんと絡むことはあまり見たことがなく、基本的には別々の仕事をしているようですが…。

やっていることはお芝居と歌、一緒なので
今後ライバルになるかもです!

でも…ある意味切磋琢磨し合える仲だと思いますし、仲は悪いという話も聞かないので非常にいいかなとは思いますね。


仲が悪い、ということも聞きませんし、
都内では現在同居していると聞きます。

ぜひ、お二人で芸能界で活躍していっていただきたいものです!

また、萌音さんは小学校1年生のころからミュージカルの勉強にはげんでおり、演技の才能はそこから開花したものだと思われます。

その証拠に中学1年で妹の萌歌さんと一緒に「東宝「シンデレラ」オーディション」で姉妹ダブル受賞を果たしそのまま東宝芸能に所属。

それからは役者への道を本格的に歩みだします。

こうして役者としてデビューをした萌音さんですが、「君の名は。」の前にも「おおかみこどもの雨と雪」でも声優活動をされていますね。もしかしたらジブリ映画でもこれからオファーがくるかも!?

さらには「君の名は。」での成功をきっかけにアルバム「chouchou」で歌手デビューも成功と、多彩な活躍が目立ちますね。

2017年の1月には連ドラ「ホクサイと飯さえあれば」の主演も決定しており、成功街道まっしぐらという感じ。

ヤバイですね。天は二物を与えずといいますが
彼女の場合は10個ぐらい貰っちゃってますよ!笑

そんな萌音さんは中学時代からお仕事をはじめられたわけですが、そのころは仕事のたびに上京するという大変な時期を過ごしていたようです。

つまり九州から東京まで往復。

福岡空港から成田空港が一番早い航路でしょうか?

睡眠時間も移動中だったと思うし
さぞ大変だったかなと。

その後、高校では東京の方に進学したため、そこでようやく仕事との両立が楽になったと言えます。

そんな萌音さんですが、現在通われている大学は公表されていません。

しかし、ネットでは「明治大学ではないか」というささやきが飛び交っています。


その憶測が出た根拠として、情報サイト「進路ナビ」でのインタビューがあります。それによると萌音さんの大学は英語教育が盛んで、英語でのプレゼンテーションや翻訳の授業があり、英語の授業は週に8コマあるそうです。

また、萌音さんは留学についても真剣に考えていらっしゃるようです(海外で女優デビューもあり?)。

つまりHOLLYWOOD?

実際にありえそうだから怖いです。笑

明治大学のほかに青山学院大学も候補に挙がっているのですが、明治大学に通っているDISH//のMASAKIさんと同じ大学である、というコメントがネット上にあり、信ぴょう性としては低いものの、萌音さんが明治大学に通っているのでは?という説を強化しています。

明治大学…恐ろしい大学!

女優としてだけではなく、英語も堪能な才女の萌音さんがうらやましいですね。

スポンサーリンク



Sponsored Links
Sponsored Links

新海監督が惚れ込んだ美声!演技・歌の評判も抜群

2016-11-30_135914

「君の名は。」をはじめとする作品での萌音さんの演技はどのくらいのレベルなのでしょう?

一部の声優マニアの方からは不評を買っているらしい萌音さんの演技ですが、一般からの評判は非常に高いです。

まあ、声優の仕事というのは非常にシビアなので
一般層の意見が通っていればそれで良いでしょう。

だって、結婚しているとか彼氏がいるだけでアンチになる人もいるんですし、そりゃまともにやってられません。って話ってなもんです。

声質が非常に美しくヒロインのイメージにぴったりだったとして、監督の新海さんが一発で決めたレベルの実力の持ち主であると断言できるでしょう。

デビューしたてなのにここまで高評価なので、少し怖いぐらいですw

実際に映画が公開されてからも大評判だったのは、連日の「君の名は。」に関する報道を見れば説明するまでもないですよね。

また、ミュージカルスクール出身のため演技力は勿論歌唱力も素晴らしく、オリコンランキングでもカバーアルバム「chouchou」は上位にかつ長期にわたってランクインしています。

なんでもお母様がピアノの先生で、萌音さんがおなかの中にいる時から音楽を聞かせて育ったと言います。

愛情と芸術センスに恵まれて育ったんです。ある意味愛の英才教育といった感じでしょうか?素晴らしすぎます。

ただ…ただ…。

ハイスペック過ぎて、彼氏さんが出来るとしてもなかなか相手を選びそうな感じはありますね。笑

まとめ

18歳にして様々な方面に実力を発揮している上白石萌音さん。

これからの成長に大いに期待がかかります。

「君の名は。」での大成功はネームバリューにもなるでしょうが、同時に今後の活動をするにあたって常に比べられるハードルにもなるでしょう。

これからいろんな役を演じても、「「君の名は。」の時は……」という形容詞が常に付きまとうわけですから。
しかし、これほど才能にあふれた萌音さんなら、そんなプレッシャーを跳ね飛ばして成功を続けてくれると信じています。

まずは1月の連ドラでどんな演技を見せてくれるかが楽しみです!

Sponsored Links
Sponsored Links

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いください!

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ