ども!TGです。

先程忍者特番のテレビ「KUNOICHI(くの一)」という番組を視聴していたところでかなり注目人物をチェックしました!

体育会系のTVなのでさぞかしゴツい女子ばかり出るのだな…と思っていたのですが、まさかカワイイ女子も沢山出演しているとは思わなんだ!というのが正直な感想です。

そして、その中でも特に目を引いたのが「パルクール」と呼ばれる忍者スポーツをやっている「泉ひかり」さんでした。

唯一ファイナルステージに進出した彼女なわけですが、美しく強い女性なだけに注目が集まってしまうもの。

そこで、色々情報をまとめてみることにしましたよ!

スポンサーリンク

泉ひかり(パルクール)の基本プロフィールをチェック!

【生年月日】 1995/11/15
【出身地】 大阪府
【身長と体重】152cm 43kg
【好きな食べ物】 チョコレート
【学歴】不明!!

こんな感じで、普段は「パルクール」というスポーツをやっている方でもあります。

 

ちなみにパルクールとはフランス発祥のスポーツで、「人が持つ本来の身体能力をスポーツ」とのこと。

 

フランス人が忍者に憧れて作ったものなのかな?と思ったのですが、パルクールの歴史は古く、18世紀にも遡るとのこと。

 

つまり泉ひかりさんはアスリートというよりかは、歴史継承者に近いということになります。

(文に起こしてみると、改めて凄いスポーツですね…。)

 

もっというと、パルクールは筋トレみたいなフィジカルではなく、走ったり跳ねたりする力をしっかり活かす力を身につけるやり方のようです。

ちなみに、

パルクールは競争するような種目ではなく、公園などでできるストリートアクションのようなもの、という意味があるみたいですよ。

意味合いとしては、スケートボードを使わないアクロバットのようなものでしょうか。

 

それはそれで、公園でいろんな人がこの動画のような感じでビュンビュン跳ね回ってたら怖いですけどもね!

今回のKUNOICHIでは唯一、ファイナルステージに進出されたパルクールの泉ひかりさん。

これもアクロバティックに建物から建物に飛び移る、まさに忍者のようなスポーツ「パルクール」をやっていたからこそできる芸当でしょう。

 

 

テレビを観ていた視聴者の感想をチェックしてみると、

  • ありゃ無理ゲーだろ
  • 最終ステージは慣れてないと無理
  • 筋持久力がかなり要求される
  • 最後だけ吉田沙保里さんにやってもらったら?

なんて意見が散見されました。

というのも、腕力のない選手だと最後の7m綱登りは無理に近かったでしょうからね。

パルクールは障害物の間を跳ねる、跳躍力や身軽さが要求される協議でもあります。そのため泉ひかりさんにとっては最後の最後で課題が残ってしまった、という感じに近いですね。

スポンサーリンク

もともと忍者JKだった!出身高校や大学はどこ?

KUNOICHI に出演された泉ひかりさんですが、もともと彼女はCCレモンのCMにも登場していたようで、スポーツ以外にも芸能活動をすでにしていたということがわかりますね。

↑こんなに跳ねまくったら、炭酸抜けてしまうやんけ…。

 

そう思わざるを得ないCMでした。

 

また、映画だと「ヤマカシ」とかではパルクールが有名になりましたが、日本ではまだまだ認知度の低いスポーツみたいです。

 

そして気になるのが、彼女の出身高校や大学です。

こんな感じで建物を跳ね回っているJKを観たら、思わず「へ!?!?」みたいになってしまうこと請け合いでしょう。

きっと世の男性は飛び跳ねているところに驚きつつ、

つい下から覗き込んでしまうことでしょうね。(意味は察して下さい!)

Sponsored Links
Sponsored Links

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いください!

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。