私の住んでいる家の近所にコスモ石油のガソリンスタンドがありまして、いっつもポスターを見ることがあるんです。

そう、清水富美加さんがイメージキャラを務めているやつですね。加藤夏希さんの次のイメージキャラが彼女だったわけですが、近年では「まれ」や「変態仮面」など人気作品に出演し、レプロエンターテイメントのルーキーとしてたびたび活躍されていました。

このまま女優として大躍進!と思いきや、レプロからの圧力なのか、自分が洗脳されたのか、幸福の科学に出家するという理由で芸能界引退を決意されたのです。

マジでやばいと思いません?

今回は引退の真相や出家の真相、かつては能年玲奈さんを独立騒動で解雇したレプロからの違約金問題などをチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

清水富美加の宗教「幸福の科学」ってどんなところ?

実際は親の影響が強かったみたいです。

清水富美加さんの所属する宗教団体「幸福の科学」。一部の人は聞き覚えのあるフレーズかもしれません。では、幸福の科学とはいったいどんな組織なのでしょう。

筆者が一通り調べてみたところ、この幸福の科学というのは、

「自分の守護霊を呼び出して未来を予知する」

といった類のもののようです。

幸福の科学は芸能界やマスコミがこぞって報道しない、「察されてる」新興宗教の一種ともされています。なぜって、いろいろ大人の事情があるからですね。

清水富美加さんも幸福の科学の教祖である大川隆法さんをだれよりも尊敬していたとのこと。所属事務所のレプロもこの真相を全く知らなかったとのことでした。

ちなみに幸福の科学に入信している有名人の方を調べてみると、

  • 景山民夫さん(作家)
  • 小川知子さん(女優)
  • 原田真二さん(ミュージシャン)
  • 河口純之助(ブルーハーツ)

などなどの方がいらっしゃいます。

ちょっと分からない方の名前もありますが、ブルーハーツの方が幸福の科学だったとは…。と驚きました。

 

また、幸福の科学に入信している方のツイッターアカウントは、「777」という、教義上幸福の象徴とされる数字を入れるとのことでした。

清水富美加さんの場合も一緒で、公式アカウントには777の数字がありましたね。

私はスロットなどしませんが、そういう人たちからも大変ありがたがられる数字だと思います。善悪は別としてね。

出家の理由と真相は洗脳が引き金?

今回の出家の理由は宗教的なルールですよね。

よくネタみたいに使われる「宗教上の理由で」というルールが適用されたってことです。

もともと幸福の科学には出家というイベントがあるようで、修行を積んでさらに上の位に登ることができる試験を受けられるようになるとのこと。それに清水富美加さんが応募したということです。

もともと宗教に入信していたということで、ご両親が入信していた影響が強かったようなのです。つまり洗脳というよりかは、「それが当たり前の状態で育った」みたいな感じに近いでしょう。

こう考えると、

やはり幼少期のころの親の影響って強いですね。

子供の頃っておもったより自由もないですし、お金もありません。そもそも外に出るという選択肢もあまり意識できないので、まず基本は親の常識や考え方を良くも悪くも受け継いでしまうんですよね。

筆者も昔そうでしたが、親も宗教に入信していましたが、宗教っていまいちよくわかりませんでしたし、友人たちは仏教が基本だったので、ちょっと恥ずかしく思う所もありました。その頃キリスト教の子とかいたら、違う宗教ということで親近感をもった変な時期もありました。(どこの宗教とはいいませんが…。)

それぐらい親の影響というのは強いものです。

スポンサーリンク

事務所にバレたのは一冊の本がキッカケ?

今回、事務所のレプロもこの事実を知っていたわけではなくて、ずっと今まで隠していたみたいです。

ところが、ある一冊の本をキッカケにその事が分かってしまったんですね。

それは教祖であり、彼女の恩師でもあろう「大川隆法」さんの書いた本に、事務所の許可なく清水富美加さんのクレジットが追記されていたからなんです。

ここからバレてしまって彼女は現在に至ると…。すでに事務所では解雇に向けて手続きをする、とのことですが、まさか契約更改の時期でもなく突然引退するとは。

他でもなく突発的で、洗脳という言葉を感じざるを得ない状況です。

レプロからの圧力の真相や違約金は?

ただ今回の件、レプロによる圧力もかけられているという話もあります。

騒動の引き金は他でもない清水富美加さんの突然の契約解除申し入れだったわけですが、能年玲奈さんの時を改めて思い出しますよね。それはどちらも「洗脳」という言葉が出現したということです。

契約中のCMがあれば差し替えなければ行けませんし、次期のドラマや映画が出演決定していたり、製作途中であれば代役をとったり、番組の後任をさがさなければ行けない状況になってしまいます。

それで、ベッキーさんは去年4億円ぐらいの損害を出したというのも有名でしたよね。

能年玲奈さんの時も「独立して会社を設立するには事前に会社(レプロ)の許可を得なければならない」みたいな規約違反を起こしたことで違約金を被ったともいいます。

 

清水富美加さんに関して言えば、2017年は東京グールや笑う招き猫、暗黒女子などの公開予定の映画(すでに撮影完了)もあり、後悔差止めになったら相当な違約金発生、それも億はくだらない金額になると思われます。

金額にして、億は行くのかもしれませんね。

 

どうなっちゃうんでしょう。彼女…。

関連記事

幸福の科学に入信した芸能人一覧まとめ!777の意味と信仰内容は

Sponsored Links
Sponsored Links

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いください!

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。