2016-10-13_214524

どうも。TGです。

先日からドラフト候補の情報が出揃う中、なかなかに緊張感にあふれた毎日が続いていますね!

彼も候補の1人として今最も注目されている選手の1人。

細川成也選手は高校野球で大活躍した選手ですが、寺島選手らと同じくドラフト候補として名を連ねる1人です。

特に彼は阪神の金本監督からの
熱烈ラブコールが
強い印象にありますが、
果たしてその実力やいかに?

ドラフトで高校の選手が出て来る事自体まれな気がしたので、今回を機に色々まとめてみることにしました!

スポンサーリンク

細川成也選手の出身中学や高校の経歴は?

まず、彼の大きな特徴としては
大学生選手にも引けを取ることのない
完成された体格にあります。

身長181cmの85kgと大柄で、大学のドラフト候補選手を例に挙げると田中正義選手に近い体格の持ち主ではないかと思います。

また、

彼が野球を始めたのは小学校3年のころ。

他のドラフト候補選手は1年生から始めたりするので
比較的遅くにスタートしたことがうかがえます。

出身中学校は北茨城市立磯原中学校。

中学校のときには野球部ではなく、地元のシニアに所属していた様子。

チーム名はいわきリトルシニアで、茨城のいわき市を拠点におく硬式野球のチームです。

中学校で硬式野球って、
結構ハードだと思うのですが
細川選手はドラフトに来る当たり
公式の練習が当たり前だと思って
今まで続けてこられたのでしょう。

やはり、小さいころから野球を続けられている方は初期能力が高いですね!

その後、明秀日立高等学校へ進学。

こちらの学校は野球の名門でもあり、野球部への力の入り具合が凄いです。

2016年の戦績を見てみても、第68回春季、69回高等学校野球大会、第98回高等学校野球選手権茨城大会でほとんど勝利をおさめています。

そのうち3試合ほどは10点差以上の差をつけての勝利です。

打者としての才能がある彼なので
きっと今までの大会でも
相当なヒットを記録してきたはずです。

また、

現在阪神から熱烈なオファーを受けている彼ですが、ドラフト候補としての彼のセールスポイントを見ていってみましょう。

ドラフト1位に相応しい成績は?

 

そして、

なんといっても最も魅力だと思うのは
大砲のようなスイングの強さでしょう。

今まで通算本塁打63本の実力は、伊達ではありません。

参考動画: https://www.youtube.com/watch?v=uvxQhWG9u1s

また、ドラフトの好判断材料として大きな割合を締める投げが弱いかというと、そういうわけでもないんですね。

投球は最大142km/hを記録し、
外野手としても活躍しているので
遠投ができる≒故障が起きにくい
といった感じもあります。

もともと強肩の持ち主と言われている彼ですが、その秘密はやり投げ選手として活躍していた過去があったからなんです。

陸上のやり投げですね。

ジャベリックスロー、という別の名前を持つのですが、彼の場合はその競技で全国2位を取るマルチな実力者。

野球よりも重たい槍を投げてきただけあって
デフォルトで肩が強いのは良いポイントですね!

故障がないのも球団側としては安定した戦力となりそうな印象です。投手としてのセンスもあるでしょうし、プロ入りしたあとの伸びが楽しみです!

彼女はいる?

という、ドラフト選手に対して毎回のように沸き起こる疑問なのですが、彼にもその影は無かった様子。

まあ、今は野球で頑張ったほうがいいですし、阪神からもなにか言われているはずです。笑

ツイッターはまだアカウントが残っていますが
ほぼほぼ野球のツイートばかりなので
このまま突っ切って頂きたいものです!

まとめ

それでは細川成也選手について紹介させていただきました。

彼は投げてよし、守ってよし、打ってよしの攻撃型として、今後ドラフト界の台風の目として活躍されていきそうですね。

今現在は阪神だけがつばを付けている印象ですが、他の球団だって枠があいていれば取らないわけがない選手だと思います。

ドラフトで果たしてどこの球団に行くのか?楽しみですね!

関連記事 ドラフト結果速報2016【リアルタイム更新中!】

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ