2016-10-15_190308

あまりにも早すぎる結末に思わず悲しみを隠せません。

こんにちは。TGです。

現役時代は元日本代表のラグビーの監督として、神戸製鋼チームの司令塔として活躍されていた平尾誠二さん。

かつては名プレイヤーとしても有名で、
同世代に現役だった方からは
驚きの声が上がっておりました。

晩年は激ヤセしたとのことですが、病気は果たして何だったのでしょうか?

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

平尾誠二が現在まで激やせした原因・病気はガン?

というのがまず始めに感じた印象です。

ガンになると、患者さんの年齢が若ければ若いほど進行も早いです。

がん細胞に栄養を奪われてしまいます。

平尾さんの年齢は53歳でした。

参考著書はこちらですね。

かつて不良高校であった伏見高校でラグビーの文化を作り
現在の名門校に育てたラグビー界のパイオニアである
山口良治監督のもとで育った選手でした。

そして、かつての所属チームは現在も
有名選手が多数在籍する
神戸製鋼にてプレイヤーとして活躍し
そのまま監督のポストまで昇格。

そんな、かつては日本を代表する
いわばラグビー界を代表する
平尾さんの訃報は
きっとファンの方にとって衝撃だったはず。

近年はものすごく痩せた画像がネットでも出回っており、病気では?という説が流布したのは記憶に新しいです。

たしか、2015年頃の画像だったと思います。

現役時代のお若い頃と比較すると、頬がものすごく細く痩せこけてしまっていますね…。

筆者の父親も彼と同じ年齢ぐらいで
ガンにより亡くなってしまったのですが
たしかに徐々に痩せていってしまった
という記憶があります。

それだけ、若いとガンの進行も早いんですね…。

胃がんだと食事はあまり取れなくなりますし、点滴で栄養をとる生活を余儀なくされます。

また、抗がん剤を使っていれば体力を消耗するので痩せることもあります。

闘病生活は痛みとの戦いだったのかもしれません。

平尾さんの現在と過去の画像に付いては、検索したら参考になる物が出てきましたので、こちらに掲載しておきます。

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%B9%B3%E5%B0%BE%E8%AA%A0%E4%BA%8C+%E7%8F%BE%E5%9C%A8+%E7%94%BB%E5%83%8F&espv=2&biw=1858&bih=990&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwjL3IGPzejPAhUB_WMKHStFD6oQsAQIGw

彼の近況を知る方法として、SNSやブログなどを当たってみましたが情報を集められるものはなく…。

痩せる病気としてはガンが最も可能性が高いとは思われますが…。

家族や子供の現在は?

ここまで彼の病状などを中心にお話しましたが、ご家族の方は現在どうなさっているのでしょう?

平尾誠二さん自身、とても凛とした方でしたので
奥様やお子さんもきっと素晴らしい方だと思われますが。

まず、筆者が調べてみた所、
平尾誠二さんは28歳のころにご結婚された奥様と
ずっと半生を歩まれてきたそう。

お相手はモデルの方だったそうですが
間違いなくおキレイなのでしょうね。

検索してもまったく情報がなかったので
今現在はモデル業を引退し
一般人になられているかもしれません。

お子さんについても情報は見つからず。

もしかしたら、平尾誠二さんの実直で多くを語らないところは家族にも似通った所があるのかもしれません。

有名人のご家族って、よくある例では
情報がやたらと公開されることもありますし
二世で芸能界デビューする方もいらっしゃいます。

彼の場合は違ったので、ある意味ではギャップがなく素晴らしいな、と筆者は感じました。

参考動画 :平尾誠二さんの徹子の部屋出演回 Youtube

まとめ

平尾誠二さんのご活躍は後世にしっかりと受け継がれていることと思います。

彼の所属していた神戸製鋼にも、チームのプレースタイルにも。

今後日本ではワールドカップが開催されますが、遺志を受け継いだ選手の皆さんが活躍すれば彼も本望だと思います。

近年、数多くの著名人が病に臥しております。

私も、健康な体であることに感謝して
今をしっかり生きなければならないと思いました。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ