2017-01-24_135801

高校へ進学し、今後も日本代表の選手として活躍する平野美宇選手。

まだ若くありながら、2017年の全日本選手権で石川佳純選手を破った新人卓球選手として期待が高まっています。

石川佳純選手も4連覇を逃しながらも実力に脱帽し、「スゴイプレーですよ彼女は!」というコメントも残されていらっしゃいますね。

すでにチート級の実力を発揮している彼女ですが、

調べてみたら彼女のご家族が「卓球一家」であることに成功要因があったのです!

 

今後は新世代の卓球コンビは「平野美宇と伊藤美誠のコンビが間違いない!」とメディアも絶賛されているのですが、ご家族(特にお母さんやご兄弟について)や出身高校、中学をチェックしてみました。

ではいってみましょ~!

Sponsored Links
Sponsored Links

平野美宇のWikiプロフィールをチェック

まずは基本的なプロフィールから確認していきましょう。

お名前: 平野美宇(ひらのみう)
出身: 静岡県沼津市
身長: 156cm
生年月日: 2000年4月14日
所属: JOCエリートアカデミー

https://twitter.com/rikakoikee/status/822793920060919808

単純に見れば普通の女子ですよね~。

 

平野美宇選手のWikiプロフィールをご覧になっても分かる通り、まだ高校生なんですね!(2017年現在)

 

彼女の他の選手と違うところ、圧倒的な強さが身についている秘訣は、

 

「かなり小さい頃からスパルタっぽい訓練を受けている」

 

であろう所にあると思います。

しかし、調べてみたら完璧にスパルタ!という訳でもありませんでした。改めて後述します。

 

今までの直近の実績をチェックすると、2015年に世界ランク16位に食い込んでおります。当時の15歳とは思えない圧倒的な記録を残されていますよね。

 

2017年の最初に行われた全日本選手権でもあの石川佳純選手にも勝利を収めております。

 

次世代の卓球の愛ちゃんという印象が強いですね!今でも平野選手は卓球の本場(?)でもある中国で頭書の成績を収めており、

 

「卓球をやるために生まれてきた」

 

という印象が強いです。いや、卓球が彼女のために存在しているようなものでしょう。そんなポテンシャルを垣間見せています。

 

小さいころから卓球でストイックに頑張られていたのは、親御さんの教育方針もあったと思います、しかし、平野選手本人のビジョンも幼いころにすでに決まっていたハズです。つまり軸があったと。

 

ちなみに筆者の同年代のころはというと…特に何も目標もなく、毎日同じように学校に通い、友達と遊んでいるような感じでした。

人生は有限ですし、平野美宇選手の考え方、本当に勉強になります。ぜひ筆者も見習わせていただきます(さあ、はたして軌道修正できるかどうか…。)

 

ダブルス相手の伊藤美誠選手とはすでに一緒に活動していて「みう・みま」の愛称もついている通り、卓球の世界でも日本メディアでも人気を博しているコンビでもあります。

早田ひな選手も最近では有名ですね。あと、みゆ選手も!

もちろん強さも折り紙付きですので、

今後の活躍が気になります。

平野美宇の家族について!母もかなり強いと話題に

ここが平野美宇さんの成長の原点ですね。

培われた平野美宇選手の卓球の実力は、ほかでもない家族の協力体制により成り立っていたんです。

結論からお話すると、彼女のご家庭は

 

「卓球に始まり卓球に終わる一族」

 

と表現してもあながちまちがっていないかなと思います。

なぜなら

  • お父さん
  • お母さん
  • おじいさん
  • ご兄弟

など、ご家族は全員卓球で圧倒的な成績を残されているまさしく卓球ファミリーなんです。

 

リビングの机が卓球台とか、そういう話ではありませんが

かなり強いのには理由があるんです。

 

まずは平野美宇選手のお母さんについて。

お母さんは平野真理子さんという方です。

筆者の地元の新聞「中日新聞」でも文章のみですが、平野美宇選手の記事に登場していらっしゃいました。その新聞の様子によりますと、幼少期のコーチはお母さんがご担当されていたとあります。

そして平野真理子さんの職業は元教師であり、先生でありながら卓球の腕前もプロ級との事。

普通に部活の顧問どころか現役でいいところまで進出できるほどの実力だったに間違いありません。

 

その証拠として、

「全国教職員卓球大会」

でベスト8を達成されたみたいです。

(この大会名はじめて知りました…。)

 

そんな半端ない実力の持ち主だったので、お母さんはご自宅でも卓球教室を開かれていたとのこと。つまり勉強に言い換えれば家に帰れば家が塾、みたいな感じでしょうか?

 

ちなみに平野美宇選手のお母さんの卓球教室の名前は「平野英才教育研究センター卓球研究部」。

 

超ストイックな名前ですが、いかにも強そうな選手が輩出されそうな感じがプンプンします。笑

 

また、筑波大学の出身とのことですので、教え方などもかなり研究しつくされているのかもしれません。お父さんも(後述します)

つくば大学出身とのことでした。つまり同級生の関係だったのでしょうか?

 

平野美宇さんがお母さんに教わるようになったのは3歳5ヶ月のことだったといいます。つまり幼稚園(または保育園)の年少さんの時には卓球の英才教育を初めていたということですね。

プロの道は年齢に「ヶ月」がつく頃から始まるんですね…すでにそこら辺の同級生とは目指しているところが違うことを思わせます。

 

平野美宇さんも卓球をしたいと思っていたハズですが、ここまで結果を出すことができたのは幼少期の積み重ねも成功要因だったという事になりますね。

 

そんな平野家には卓球に関する「家訓」みたいなものもあったはず。

なので巨人の星みたいにスパルタっぽい教え方もあるのかな?と考えていたのですが、そういうわけでもなかったといいます。

 

そんな平野美宇さんのお家の家訓は、こんな感じなようです。

・卓球をやるかやらないかは自分の意思に任せる
・兄弟や友達など、身近なランバル的存在を作ること
・1日の練習は基本的に3時間やること
・泣きたい時には思いっきり泣くこと

 

きっと卓球一家というくらいなので、おはよ卓球は強制!というイメージがあったのですが、

それは筆者の先入観でしたね。

ご自信の意思で卓球をやらせる、という方針でありながらも、全員が卓球で活躍されています。

自主性を育てつつ、やりたいことをやらせるという教育方針は素晴らしいですね。

 

筆者もそういう家庭に生まれたかったです。笑

Sponsored Links
Sponsored Links

平野美宇の兄弟は3兄弟?

ご兄弟はいらっしゃるのでしょうか?

ということで調べてみましたが、

平野美宇選手のご兄弟は3人で、全員女の子なので三姉妹ということになりますね。

ご兄弟には

  • 次女の平野世和さん
  • 三女の平野亜子さん

のお二人がいらっしゃるようですが、お二人とも美宇さんと同じく卓球の実力はすでに折り紙付きのようです。

 

そりゃ、毎日のようにお姉さんの平野美宇選手がラケットを振っていたら、卓球に興味を持たないわけがないですからね。笑

 

すでに次女の世和さんもすでに卓球界で頭角を現しているようで、すでに全日本選手権へ出場するなど好記録を叩き出されています。

妹さんらと一線交えた方もいらっしゃるようで、かなり強いことが分かります。笑

https://twitter.com/TKDstd/status/823334059149381632

 

平野美宇のお父さんもスゴかった!

お父さんもスゴイです。

現在は内科医のお医者さんとして活動をしているようですが、

筑波大学時代は1年生でベスト8の成績まで上り詰めるほどだったそう。ちなみにお父さんの以前のご職業も、お母さんと同じく教師だった様子。

その後、お医者さんとなりながらも、平野美宇選手に卓球は教えていたといいます。

卓球のサラブレッド過ぎますね!

 

家に帰れば卓球が勝手に強くなる、そんな環境だったと思われます。

 

厳しかったでしょうが、今を振り返れば感謝ばかりでしょう。

 

そして、筆者的には

「まさか卓球が上手なのはこの代だけじゃないんだろうな…。」

と思ったのですが、まさに予想が的中しました。

おじいさんとお父さんも卓球の腕前はプロ級!?

お父さん、お母さんやご兄弟について紹介していきましたが、

何とおじいさんも卓球を実践されていた、ということでした。

しかも山梨大学名誉教授の数学者としても活躍していた、という経歴を持たれています!もはや家系的にオーバースペックな遺伝子を持っているようですね。笑

また、平野美宇選手のおじいさんについても卓球部の顧問を1990年まで務められていたとのことなので、卓球の実力はもちろんコーチ力もかなり実力が高かったのだと思われます。

 

山梨大学といえば箱根駅伝も有名ですが、

卓球ももしかしたら大会上位の成績なのかもです。

平野美宇の出身中学と高校はどこ?

卓球でここまでの成績を収められている平野美宇選手ですので、学校も結構名門な所に通われているのかも?

 

そう思って、出身高校や中学について調べてみることにしました。

まずは中学校からですね。
平野美宇さんの出身中学は

「北区立稲付中学校(いなつけ)」

という所であり、地元の中学校に通われていたとのことでした。卓球選手はもちろん、レスリング選手も多数輩出されている中学校としても有名なようです。

卓球関連で有名な卒業生の方をチェックしてみると、

  • 加藤美優選手
  • 谷岡あゆか選手
  • 浜本由惟選手

といった、いずれも卓球界で頭書の成績を収められている選手ばかりという印象でした。

加藤美優選手は全日本選手権大会(バンビの部)でベスト8に輝いており、平野美宇選手と同じ経歴を歩まれていますね。

谷岡あゆか選手はユースオリンピックで丹羽孝希選手とダブルスで金メダルを獲得したことでも有名でしたし、浜本選手は世界ランキングでは22位。モデル業でも活躍されている選手です。

もともと地元がこの学校に近かったことも幸運だったと思いますが、卓球するにはうってつけの中学校!

という印象がありますね。笑

Sponsored Links
Sponsored Links

高校が「資格取得の名門」な理由は?

また、平野美宇選手の出身高校としては

「大原学園高等学校」

とのことでした!

 

「オーハラオーハラ(本気になったら)オーハラ!」の学校かな?

と思ったのですが、改めて調べてみたらドンピシャでした!

 

でも、大原学園高等学校は資格取得の課程があったり、消防士など各種公務員の試験に強い私立高校でもあります。

 

なので「なぜココに進学したんだろう?」というのは

筆者の素朴な疑問でもありました。

 

色々考えてみた結果「スケジュールの都合を合わせるため」というのが一番有力な説であると考えられます。

 

一つの判断材料としては、この高校が通信制の高校であることですよね。大会も平日にスケジュールが組まれることもあるでしょうし、平野美宇選手はすでにミズノスポーツの公式アンバサダーとしても活躍されています。

JOCに加盟している手前もあるが故、スポーツに専念するためにはこの高校がベストだったのかもです。

すでにオリンピックを前提に活躍されているでしょうし、

半端なところに進学するよりかは卓球に集中できるでしょうからね!

まずは東京オリンピックに向けての活動、楽しみにしています。

まとめ

それでは平野美宇選手についての基本的な経歴や今までのご活躍についてでした。

れから伊藤美誠選手との「みう・みま」コンビでの活躍もされていくでしょうし、まだまだ伸びしろが多いな~というのが個人的な印象です。東京オリンピックの時までにはバッチリ仕上がっている感じもありますね。

日本を代表して活躍する卓球選手がいる中、筆者も怠けてはいられません。ぜひぜひ応援させていただきたいです。

 

では、今回はこのへんで。またなにかありましたら追記します!

ありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いください!

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ