2017-01-04_180626

ども!TGです。

いよいよ始まった春高バレー。2017年も多くの高校が参加し、104校が本大会に臨みます。

他の大会では国体やインターハイもありましたが、それぞれの選手がどのような形で栄光を手にするのか?先の結果がより気になります。

男子では石川工が初戦敗退するなど番狂わせな所も垣間見られる春高バレーですが、優勝予想や注目校、注目選手を改めてまとめてみます!

スポンサーリンク

春高バレー2017年の優勝予想は?候補の高校も紹介

全国6400校を勝ち抜いてきた先の試される試合、春高バレー。メディアも大きく取り上げる試合ですが、今年の優勝予想などをチェックしていきましょう。

下馬評ではやはり連覇を重ねている高校に軍配が上がりますが、高校のバレーならではのドラマが起こるのもまた事実。

男子は新井雄大選手のアグレッシブさがかなりチームに貢献できていると思います。上越総合は初戦で25-21の大接戦でしたが…。

今年初出場の高校もありますが、やはりベスト8や、国体やインターハイなど、他大会で優秀な成績をおさめた選手の活躍も気になります。

どの選手も技術は高いと思いますし、

あとは試合のプレッシャーに勝つためのメンタル次第なところも存在します。

 

男子の優勝予想はずばり?

まず一つめにあげられるのが…
東京の駿台学園でしょう。

月並みですがやはり強いです。

チームワークの個人の強さは群を抜いていると思いますし、やはり強いです。2回戦で早くも上越総合と戦うことに決まっていますが、結果は果たして…?

バレーは団結力の球技ですし、

駿台学園が勝利するならば、やはり中高一貫で鍛えられた団結力が一番の差別化ポイントになっているはず。

東福岡よりも今季は好成績ですし、国体でも優勝の実績があるので優勝の可能性は大いにあります。

 

東福岡の可能性もありえます。

ラグビーもサッカーも強豪な東福岡はやっぱり注目です!

去年一昨年の2冠達成を果たしていますし、気を抜くことがなければ3冠を達成することも夢ではないかも。

そして九州つながりでいえば、大村工や鎮西にも注目ですよね。

ただ…東福岡には一つだけ不安要素があります。

それは金子聖輝選手が卒業で引退してしまったこと。主力選手はそのまま今の3年生が彼の意思を汲んでいるものと思われますが、その結果は果たして…?
星城

2013年、2014年と2冠達成している強豪校のうちのひとつ。

正直どこが優勝するのかは、精神的な問題もあると思います。あとは、連日の試合によって怪我をしないかどうかという感じすらあります!

(追記 上越に惜しくも敗退してしまいました、来年に期待です!)

 

他に鎮西の熊本復興からの活躍も見ものですし、ぜひ決勝まで勝ち進んでいただきたい所。

サーカスバレーの異名をもつ大塚のトリッキーな試合の拡げ方にも注目が集まります!

 

※追記※

2017年の春高バレーの優勝校は、男子は駿台学園がが優勝となりました!

 

スポンサーリンク

女子の優勝予想は?

女子の春高バレーの方がワイワイしていて盛り上がっている感じもあります。メンタル面の克服も男子よりも上手な気がしますね。

と、そんな前感想はさておいて、優勝予想です。

 

女子の優勝候補を予想してみます。

まず一つ目は、下北沢成徳ですね。

2016年のインターハイでは準優勝していますし、前評判が違います。なぜなら日本代表選手の輩出校として名高い有名どころです!

金蘭会も強いですが…他の有力校は選手が故障しているのもあると思いますし、堂々巡りで勝利を収める可能性も非常に高いです。

バレー界ではすでに世界への扉を叩いている黒後愛選手も3年間在籍しているので、チーム全体の士気も非常に高いでしょう。

ただ…来年からは彼女が卒業することで目に見えて戦力ダウンかも…後継者の育成にも注目大です。

金蘭会はどうでしょう?

インターハイで優勝する実績ももっていますし、ずっと下北沢とライバル関係にあります。しかもライバル関係のランクが異次元な感じもあります。

こちらも主力選手として宮部選手が在籍していますし、常人離れしたパフォーマンスに圧倒される選手も多いでしょう。

成徳とは今季3回めの戦い。果たして最後の大会での勝利はどちらの手に?

東九州龍谷も見逃せません。

2016年の8月のインターハイでは金蘭会に敗れた九州龍谷も目が離せません。正直ミスするかしないか?ぐらいの関係だと思いますので、連戦でいかにミスをしないかが大きなカギとなりそう。

また、強豪の多い九州地方では九州文化学園にも注目大です。聖和女子にも3セットとっていますし…気が抜けません!

 

※追記※

2017年の春高バレーの優勝校は、女子は下北沢成徳がストレート勝ちでした!さすがですね。

 

春高バレーの注目選手はずばり?

ここで春高バレー2017の注目選手を紹介していきます。

男子の注目選手は?

まずは男子からですね!

土岐太陽選手

リベロ一筋で活躍する駿台学園の攻撃神とも言いましょうか、インターハイと国体を大勝利に収めたエースです。

最高到達点は305cm。

レシーブもスパイクも鬼のようにこなす選手です。マインド面もかなり強く、大声で選手全体の士気を鼓舞したりと、その活躍は大きい。

今まで戦い抜いてきた実力をチームワークとともに遺憾なく発揮できるか?ぜひぜひ注目です。

新井雄大選手

上越総合技術の選手として有名ですね。

実質2017年の星城に勝利したのは新井選手の功績がデカイです。

そして身長もジャンプ力もデカイ!

  • ジャンプ力が342cm
  • 身長188cm

と、巨体ながら運動神経も凄まじい脅威です。

ジャンプサーブから1本で弾かれたボールをバックアタックするほどに見せ場も作れます。

バレーは保育園(幼稚園かも?)の5歳からスタートしているというのもるあるでしょう。すべてにおいて強力です。

反面、彼がケガしたら大変な損失なので気をつけて欲しいですね。

都築仁選手

彼も高い!春高バレーのエントリー選手で一番高い選手ではないでしょうか。身長は194cmと一番高く、ジャンプの最高到達点も脅威の345cm。壁のような存在です。

ちなみに全日本選手として高校生現役で出場しているのは彼だけ。普段の性格はおとなしいと言いますが、バレーの試合では相当アグレッシブです。

もともと野球をしていたらしいのですが、先生のすすめにより途中でバレーに転向したところ大当たり。かなり強いです。

全日本メンバーとしても頑張っていますし、今後の活躍も気になります。あとは全日本のコーチが良ければ…というところですね。

女子の注目選手はずばり?

女子のほうはどうでしょうか!?

黒後愛選手

すでにメディアでも有名な、東京五輪でも活躍が期待されている選手ですよね。

家族も春高選手として有名ですし、本人も小学校3年からバレーをはじめている、いわば女子バレーのサラブレッド、いや、春高バレーを前提に教育されたエリートと言ってもいいでしょう。笑

高校では言わずもがなトップクラスの成績で、すでに日本代表の風格すらあります。

あとは…三浦春馬さんに似ているというのでも話題になりました。笑

石川真祐選手

石川祐希選手の妹さんで有名ですよね。成徳の主砲として彼女も活躍します(もちろん一緒に戦っている選手もポテンシャルはかなり高いです)。

メディア出演の仕事もあり、ミライモンスターにも出たので知名度もかなり高くなってきていると思います。

あとは土壌がしっかりとしていて、マスコミやバレー協会に、お兄さんのようにしがらみが出来ないことを祈るばかり。

今後の活躍にも期待大です。

宮部愛梨選手

攻撃、守備どちらも高次元でこなす、ジャンプ力とアタック力が凄まじいナイジェリア人のハーフ選手です。やはりハーフなだけあってか、体格が並の日本人選手とは全然違いますね。

ジャンプの最高高さは306cmと高く、かっこカワイイ選手としても人気です。

ライバルの存在がお互いを強くするというのもありますし、今後の活躍もかなり期待されます。

ちなみに進学先は明かしていませんが、進学することは決まっているみたいですね~。

まとめ

春高バレー2017の優勝予想と注目選手についてでした。

正直ライバル同士が強くて、どちらもお互いのことをリスペクトしているため「どこが優勝するのか?」というのはなかなか判断できません。

でも、それだけアツイのが何よりの魅力です。一瞬の判断で勝ち負けが決まると言ってもおかしくなさそうなので、やはり数注力やメンタル面の克服が大手になるのでは、と思いますね。

とはいえ5日間で過密気味のスケジュールなので、疲労や怪我には注意して頑張っていただきたいものです!

ありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いください!

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ