2016-10-13_214524

こんにちは。TGです。

最近ランニングを夕方にして、そのままお風呂に入るという生活がすごくいい感じ気に入ってます!

早めに行動すると朝方になれますし、夜も自由時間が増えていい感じですね。

さて、

今回の記事の本題に移ります。

ドラフト候補として名高い浜口遥大選手。彼は珍しい豪腕サウスポーとして注目を浴びておりますが、はたしてドラフト1位に輝くことはできるのでしょうか?

基本情報をまとめつつ、どんな感じの選手なのか改めてまとめて参りたいと思います。

スポンサーリンク

出身高校や大学の経歴は?

甲子園はもとより、侍ジャパンのメイン選手としても活躍を見せている濱口選手。

どのような経歴を歩まれてきたのでしょうか?

まず、彼の出身高校は三養基(みやき)高校。佐賀県の高校ですね。

同校の野球選手としては堺典之選手や寒川慎吾選手、下岸太希選手などがいらっしゃいます。

野球としてはそこまで有名ではないようで
もともとはスポーツの中でも武道、
特に剣道が強いことで有名だそうです。

彼は中学校までは軟式野球部に所属し、
高校に上がってから硬式に挑戦し始めたらしく
他の注目選手と比較すると
遅めの硬式デビューかもですね。

この学校を卒業された著名な方としては、プロ野球選手でいえば中村日出夫選手が有名ですね!元西武ライオンズ、ベイスターズに在籍なさっていました。

中学時代のシニア所属は不明でしたが
小学校時代には「基肄城タイガース」に所属されていました。

神奈川大までに着々と経験を積み重ね、2016年のドラフト上位候補として名を馳せています。

身長と体格は、173cm/80kg。

同じようにドラフト候補に入っている選手は軒並み180cm前後で80kg前後の中、彼はなかなかにガッチリとした体格の様子。

強みの根拠としては、高校3年間で一切故障が無かったことではないのでしょうか?

これもプロからしてみれば故障知らずのプラス要素ですし、競合であろうドラフト候補の田中正義選手よりもリードできる点ですね。

球種・球速やフォームについて

最速の投球は最大150km/h。

球種はストレートがメインの武器でしょうか?

参考動画 https://www.youtube.com/watch?v=Slsv5hwKB88

変化球を投げるとパワーが落ちてしまう点が懸念されているようですが、スタミナには自信ありといった様子。

さすが3年連続で
大学日本代表に入るだけありますね!

速球・チェンジアップを左腕で投げられる選手はそこまで居ないように思いますので、球団側としては故障の少なさからも期待値の高い選手なのではないかと思います。

コントロールは今後の課題として、
基本となる馬力は備えているに違いありません。

ドラフトのスカウト陣としては、「左腕の球速が速い選手」に需要があれば1位選手として候補に挙がりますね。

また、彼には甲子園経験がないという点もありますが、変化球の繰り出し方をしっかりと訓練すれば故障の少ない逸材として球界でも重宝されるでしょう!

彼女はいる?

という問いには、やっぱり当たり前ですが特に情報はありませんでした。

とにかくガタイが良い印象にありますので、筋肉好きな女性からは人気が高いのではないかと思いますよ!

さいごに

それでは濱口遥大選手について、ざっくりとではありますが紹介させていただきました。

今後のドラフトの結果が気になりますが、今までの評価を振り返るとドラフト首位は確実といった印象ですね。

これからの活躍にも大注目です!

関連記事 ドラフト結果速報2016【リアルタイム更新中!】

ドラフト候補関連の記事をまとめました↓
(※クリックで移動します)

2016-10-13_214524

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ