2016-11-12_170902

ども、TGです。

さてさて、今年も箱根駅伝とともにお正月を迎えるわけですが、新年の思いを彼等にたくしている方も多いのではないかと思います。

優勝を望んでいる高校が勝つのは非常に喜ばしいですし、他校どうしのフェアな首位争いも見どころでしょう!

では、

今回で93回目を迎える日本の伝統行事とも言える、2017年の箱根駅伝について紹介していきますね。

大まかな大会の概要から注目校、優勝予想の紹介、活躍が期待される目玉選手についてもお話できたらと思いますので、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

箱根駅伝2017の日程

数々の予選や選考会を終えたあとに迎える、本大会の箱根駅伝については以下の日程で開催されます。

箱根駅伝2017
開催日程:2017年(平成29年)1月2日~3日
場所:東京~箱根間

今回の箱根駅伝についての大きな変更点といえば

「5区のコースが変更されたこと」

でしょうか。

箱根駅伝では今まで、この5区でいくつもの伝説が誕生しましたし、名選手として名を馳せるきっかけとなる「見せ場」のようなところでした。

しかし2017年の駅伝から、コースは変更されます。

変更の理由はいろいろ言われていますが、

  • 5区の選手の負担が大きい
  • 気圧の変化や低体温症の影響が大きい

といったことで今回変更に踏み切られたのだそう。

変更後のコースについては今後の記事で述べて行こうと思いますが、コースの変更により担当選手の采配や戦略に大きな変化が見られそうです。

では、続きまして
2017年の出場校について
チェックしていきましょう。

2017年箱根駅伝の出場校

今年の箱根駅伝の出場校は以下の通りになっております。

まずはシード校からの紹介です。

  • 青山学院大学
  • 駒澤大学
  • 中央学院大学
  • 帝京大学
  • 東海大学
  • 東洋大学
  • 順天堂大学
  • 日本体育大学
  • 山梨学院大学
  • 早稲田大学

(ほぼ50音順)

こんな感じですね。

例年通りというか、やっぱり去年の覇者、青山学院はしっかりと入っていますね!

山梨学院大学についても有力選手を増強しているので、かなりいい戦いを見られるのではないかと今からワクワクしてしまいます。

また、

東洋や駒澤についても絶対に目が離せません。

注目校や注目選手については、下で改めて紹介していきますのでチェックしてみてくださいね。

 

続いて、予選突破校の紹介です。

  • 國學院大學
  • 国士舘大学
  • 神奈川大学
  • 上武大学
  • 創価大学
  • 大東文化大学
  • 拓殖大学
  • 日本大学
  • 法政大学
  • 明治大学

(ほぼ50音順)

こちらについてはどうでしょう?

まあ、例年並みという感じがありますね。しかし過去に結構強かったと思う日本大学の衰退感がやや気になります。

シード校が強すぎるというのもありますが、今回の5区のコース変更や繰り上げスタートの基準、措置などによって番狂わせな結果になるかもしれません。

2017年の駅伝、どんな感じで進むのか本当に気になります。

2017年の駅伝優勝予想は?

今年の優勝校については例年並みに、シード校の活躍が期待されます。

が、選手の不調や低体温症での脱落などが起こったり、ラストスパートのごぼう抜きなどでどんでん返しになることもあるでしょうし、かなり注目ポイントは多いものと思われます。

では、

今年の優勝校は果たしてどこになるのか?

まずは去年の順位についてチェックしてみましょう。

優勝 青山学院大学
準優勝 東洋大学
3位 駒澤大学
4位 早稲田大学
5位 東海大学
6位 順天堂大学
7位 日本体育大学
8位 山梨学院大学
9位 中央学院大学
10位 帝京大学

こんな感じですね。

やはり強豪!安定の青山学院大学ですよね。

準優勝、3位も順当な感じがしますが、今年は下位だった大学については人員の増強を行ったりしているので、かなりの順位変動が予想されます。

2016-11-12_170943

今の時点では、優勝予想については筆者はこのように予想しています。
(あくまでも素人の意見です)

東海大学

東海大学は今年アツイと思います!

なんせ、去年の花の1区で上位のタイムを叩き出した6人の選手のうち5人が集結しているわけですからね。あきらかに強い感じがします。

鬼塚選手も、関選手も今が旬の脂が乗り切っている選手なのではないか?と思いますね。

また、選手のモチベーションが違います。箱根駅伝の優勝意欲があるのはもちろんのこと、世界陸上なども見据えたトレーニングをしていると聞きます。

熱の入り方を見る限りでは、かなり今年の戦績に期待できるのではないかなと。

山梨大学

去年の敗北から臥薪嘗胆の思いで訓練してきた山梨大学。

続々新しい選手を取り込んでの再出陣です。

今年についてもシード校の追い風か吹いていますし、各選手の記録も上々、という感じではと思います。

中でも1年には新人にしてダークホースのドミニク選手が組み込まれることと思います。

海外出身の選手はやはり初期能力が高い印象にありますし、彼は来年再来年と続けて活躍できることでしょう。

青山学院大学

安定の青山でしょうか!?

試合が始まるまではわかりませんけれどね…。

ただ、選手陣を見るとすごくいいとこ取りが出来ていると思わざるを得ません。

高校駅伝でもブイブイ言わせた豊川工業の一色選手もいらっしゃいますし、かなりの活躍が期待されると今から筆者は踏んでおります。

また、

2016年の後継者候補とも揶揄される上りコースの適正がかなり高いとされる鈴木選手にも注目です。

ドミニク選手と並んで新人枠になりますが、その実力は折り紙付き。高トルクの強心臓でどんなポテンシャルを発揮するのか見ものではないのかなと!

2016-11-12_171005

2017年駅伝の各校注目選手も見逃せない

そして更に注目しておきたいのが、箱根駅伝で出陣する注目選手ですよね。

ここで、各校の注目選手を
振り返ってみます。

(情報が古くなっている場合がありますが、逐一修正していきます)

青山学院大学

村井駿選手

2014年の6区では18位から、2015年の箱根駅伝6区では2位と大きな躍進を見せている選手です。

今年は果たしてどんな活躍を見せていただけるのか?期待が高まります。

東洋大学

堀龍彦選手

福岡県出身の長距離キャリアが長い選手。堀選手。

1年の時には膝の怪我のために悔しい思いをしたでしょうが、今年の駅伝でははたして彼の雄姿を見ることができるのか?

道路の陥没事故もあったことですし、福岡を元気づける走りを見せていただきたいものです。

駒澤大学

中谷圭佑選手

現在では日清食品に内定が決定しているそうなので、最終の駅伝ではどのような走りを見せてくれるのか?今から期待が高まります。

彼も膝の不調があり、2016年前半は泣く泣く各主要大会から辞退せざるを得ませんでした。

が、箱根駅伝での安定感や他の選手を盛り上げる元気な走りには、試合を観ているこちらもつい膝が動いてしまいそうに鳴る気分です。

山梨学院大学

ドミニクニャイロ選手

かなりキラーチューンだと思われる彼。山梨学院の最終兵器ではないかと思います。

1年でありながら山梨学院大学の駅伝優勝の鍵を握るであろう重要人物でしょう。

スピードももともと備わっていますし、持久力のある選手です。

2016年の駅伝では10位から2位まで引き上げたパワフルな選手でもあり、今年はますます大きく名前が売れる選手なのでは?と思いますね。

 

まとめ

今年の箱根駅伝、今からどんな感じになるのか期待でいっぱいですね。

有力選手の投入により優勝争いのムードがより高まっていますし、あとはコースの変更などから変わっていくであろう戦略に注目しておきたい所です。

さあ、今後どんな結果になるのか?

選手の皆様、陰ながら全力で応援させていただきます!

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ