2016-12-20_085000

ども!TGです。

箱根駅伝は青山学院大学が晴れてV3を達成しましたね!しかし、他校の走者も相応に頑張られていたと思います。

しかし…その一方であわや大惨事のヒヤリハット発生です。

今回は、箱根駅伝で神奈川大の選手が轢かれそうになった原因や、警視庁の交通統制がどうなっていたのか?などを動画を見ながらチェックしていきたいと思います。

スポンサーリンク

箱根駅伝で選手が轢かれそうになった原因は?

まずは、動画を確認された方はこう思ったことでしょう。

「あわや箱根駅伝が中止になるぐらいの災害だ」と。

参考動画 https://www.youtube.com/watch?v=fqqp6k3EVUY

なんというか、動画を見てみると全く交通統制がとれていないような感じすらあります。周りも全然気づいていないというか…。

原因は何だったんでしょう?と思って色々考えて見た結果、こんな感じの結論になるのではないか?と思います。

  • ドライバーが見ていなかった説
  • 警視庁の交通統制が上手く行っていなかった説
  • 規制解除のタイミングが悪かった説

これらですね。では、順番に原因を探っていきましょう。

原因その1.ドライバーが見ていなかった説

これは一つあるのかもしれません。

現場で規制解除がされたばかりであれば、あのハイエースのドライバーは今まで渋滞の列に並んで居たことでしょう。

しかも箱根駅伝だとわかっているので、全員ランナーが捌けた道を自分が走っていると思ったはずです。

しかし…。信号はちゃんと守っていましたし、ドライバーが悪いとは言えなさそうです。普通に考えて、規制解除された道に駅伝ランナーが飛び出てくるなんて思いもしないはずですから。

原因その2.警視庁の交通統制が上手く行っていなかった説

これが大きなポイントかもしれませんね。

駅伝の大会開催から交通統制を行っていた警視庁ですが、うまいこと現場の統制ができていなかったように思えます。

ふつう、こういうイベントの時は信号が赤点滅になっていたり、切れていたりして交通巡視員が交差点に立っているものですが…正月ボケでしょうか。

どうも警備が行き届いていないような印象がありますね。

そして、周囲の応援をしている一般の方も全く気にも止めていなかった感じが動画からはなんとな~く伝わってきますね。

原因その3.規制解除のタイミングが悪かった説

これもありますね。

信号のシステムが復旧して、その後のフォローを現場の交通巡視員によって行っていたと思います。

しかし、まだランナーがいた。

ちょうど現場に居合わせた、応援していた方のコメントによると、ランナーが近いのに規制解除して違和感があった、というコメントもあります。

2017-01-04_221742

参考元: http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20170104-00000066-asahi-soci

なるほど。こりゃあ、大失態ですね。

もしも選手がはねられていたら箱根駅伝が終わりかねない事件です。

交通規制が解除されたと知ったドライバーはまさか選手が走っているなんて思いもしないでしょうし、飛び出してきてもまったく「!!??」のような感じになってしまうのは無理もないでしょう。

動画のハイエースのドライバーも神奈川大の走者さんには全く気づいていませんでした。実際どんな感じなのか分かりませんが…。

警視庁の説明はまだ?

みたいです。

 

現在のところ正式なコメントは出ていないようですが、今回は交通規制の解除のタイミングがよろしく無かったことが原因の一つとしてあるでしょう。

あとはドライバーですが…多少強引なところがあったかもですね。

まあ、箱根はただでさえ観光地で混みますし、荒い運転をする人も相応にいるとは思いますが…なにもなくて本当に良かったと思うばかりです。

まとめ

他のマラソン大会と比較すると、交通量の多い所がコースになっていますし、交通規制もあまり細かくないように感じますね。>箱根駅伝

選手は走りに集中しているのでなかなか判断が難しいと思いますが、あのときもしもちょっとペースを緩めていなければ…もしも区間賞の記録を3秒ぐらい更新していたらと思うと……ですよね。

車も危険ですが、危険運転をする車は世の中の道路に掃いて捨てるほどいます。

改めて、箱根駅伝の交通統制を見直す時期なのかもしれません。

Sponsored Links
Sponsored Links

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いください!

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ