2016-11-03_180005

こんにちは。TGです。

お正月のイベントとしておなじみ、箱根駅伝とは『東京箱根間往復大学駅伝競走』といい、例年1月2日、3日の二日間に行われています。今から90年前の1920年(大正9年)から始まっています。すごく長い歴史のある、もはや国技といってもいいイベントなのでは、と思いますね。

箱根駅伝は「関東学生陸上競技連盟」に参加している大学が出場するものです。

前回の箱根駅伝でシードを得た10校と、今年の予選大会で出場権を得た10校、そして予選大会で出場権を勝ち取ることのできなかった学校の中から選抜された選手で構成された「関東学生連合」を加えた21チームで箱根駅伝は開催されています。

今回は、2017年の箱根駅伝の交通規制や詳細な通行止めの場所・日程を調べてみました。

スポンサーリンク

2017年箱根駅伝の通行止め箇所や交通規制情報は?

調べてみた所、現時点ではまだ2017年の箱根駅伝の交通規制は発表されていませんでした。

箱根駅伝の公式ホームページでもまだ発表されていないので、こまめに要チェックですね。

ちなみに予備情報として。去年2016年の箱根駅伝のメインの交通規制については

「箱根湯元駅から芦ノ湖までの区間」

にて行われておりました。国道沿いのラインですね。

 

交通規制の開始の時間帯は、午前10時45分頃から始まっていますが、毎年だいたい朝の8時ごろから交通規制の準備が始まっているみたいです。だいたいコース間で10分程度の交通規制が行われているので、2017年もそんな感じではないでしょうか。

箱根駅伝の区間場所と日程について

第93回箱根駅伝は2017年1月2日、3日の2日間開催されます。
場所は東京~箱根間ですね。

昨年の交通規制MAPとあわせて、こちらをチェックしてみてください。2017年についても、そこまで大きく変わらないかなとは思います。

2016-11-03_185106

(※クリックで拡大)

参考元:http://働く女性の味方.com/%E7%AE%B1%E6%A0%B9%E9%A7%85%E4%BC%9D%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%96%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%A8%E4%BA%A4%E9%80%9A%E8%A6%8F%E5%88%B6%E3%81%AF%EF%BC%9F/

2016-11-03_185056

(※クリックで拡大)

参考元:http://働く女性の味方.com/%E7%AE%B1%E6%A0%B9%E9%A7%85%E4%BC%9D%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%96%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%A8%E4%BA%A4%E9%80%9A%E8%A6%8F%E5%88%B6%E3%81%AF%EF%BC%9F/

  • 1区は大手町~鶴見の21.3㎞あります。
  • 1区はレースの流れを大きく左右する区間。平坦なコースが続く中で、前半の八ツ山橋の上り坂が、選手たちが駆け引きを見せるポイントです。
  • 2区は鶴見~戸塚の23.1㎞あります。
    長い上り坂の2区は、各校のエースといえども攻略は厳しい。駅伝のだいご味、ごぼう抜きが多く見られる区間です。
  • 3区は戸塚~平塚の21.4㎞あります。
  • 3区は正面に富士山、左側に相模湾を臨む箱根駅伝の中で一番の景勝地を走る。強い向かい風が選手の行く手を阻む。
  • 4区は平塚~小田原の全区間最短の20.9㎞あります。2017年からコースが変更して距離も18.5㎞から20.9㎞に変わりました。4区も20㎞を超えたため、箱根駅伝全てのコースで20㎞を超えることになりました。
  • 5区は小田原~芦ノ湖の20.8㎞あります。
    23.2㎞から20.8㎞に変更になりました。
  • 5区といえば、山登りのコース。箱根駅伝の中でも。山の神と言われる強豪の選手を数多く生み出した名物コースです。その一方で選手への負担や総合優勝の貢献度が問題視されていたため変更されたそうです。

2016-11-03_185740

(※クリックで拡大)

参考元:http://gpscycling.net/hakone/rc.html

  • 6区は芦ノ湖~小田原20.8㎞あります。
    最初の4㎞を登ってから一気に下る。朝の箱根山中は冷えるため防寒対策が必要。くだりで飛ばしすぎると、残り3㎞が苦しくなるためペース配分がカギ。
  • 7区は小田原~平塚21.3㎞あり、前半はほぼ平坦で9㎞過ぎたぐらいからアップダウンが続く。
  • 8区は平塚~戸塚21.4㎞あり、強い陽ざしや追い風が選手たちの体力を奪う。
    残り5㎞にある遊行寺付近の急な上り坂はさらに選手を苦しめます。
  • 9区は戸塚~鶴見23.1㎞あり、タスキを受けてすぐ下り坂なのでペース配分が難しい。
  • 10区は鶴見~大手町23.0㎞あり、気温の上昇とプレッシャーから思わぬアクシデントが起こることが多い。

コースの見どころといえば、やっぱり5区でしょうか?一番みどころの区間な気がします。今年のコースは変更されるかもしれませんが、そのあたりについても逐一チェックしていきたい所です。

まとめ

10人でタスキを回しそれぞれの区間を走っている姿はすごくかっこいいですよね。タスキを渡し倒れこむ姿を見ると、ついつい感動してしまいます。

毎年箱根駅伝は最後まで何が起こるか分かりません。今年はどんなドラマがあるのか楽しみですね。

今年の山の神についても注目です!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ