ども!TGです。

最近アニメ実写化やマンガの実写化が久しく、原作を冒涜している!なんて話もでているわけですが、いわゆる「地元愛」に満ちた作品もけっこうあるわけです。

その一つがこちらの「お前はまだグンマを知らない」というマンガです。調べてみるとなにやらスゴイ所だとわかりましたよ。グンマという所が。

今回は、「お前はまだグンマを知らない」のあらすじや実写化のキャスト・公開日やロケ地についてチェックしてみようと思います!

スポンサーリンク

お前はまだグンマを知らないってどんな作品?まずはあらすじを紹介!

今まで筆者、「グンマは魔境だ…」みたいな事を友人やお婆ちゃんがふれまわるもんだから、ある種の「都市伝説」としてグンマを捉えてしまっているわけです。

なので、まずはこの作品のあらすじ、基本情報からWikiを頼りにチェックしていきましょう。

『お前はまだグンマを知らない』(おまえはまだグンマをしらない)は、井田ヒロトによる日本の漫画(ウェブコミック)作品。

『月刊コミック@バンチ』(新潮社)のウェブコミック配信サイト『くらげバンチ』にて2013年10月より配信中。累計発行部数は2016年1月現在で45万部。

作者が中学1年の時に群馬県高崎市に引っ越してきた時の体験がベースとなっている。

以下、あらすじ。

高校生・神月紀はチバ県からグンマ県に引っ越すこととなった。

しかし先に当地へ引っ越していた幼馴染からは「グンマから生きて帰ったものはいない」と警告を受け、さらにネットで調べてみるとネガティブな情報ばかりが入ってくる。

やがて真中高校に編入した神月は郷土愛に溢れる生徒からグンマゆえの様々な文化・風習を教えられカルチャーショックを受ける一方、トチギ県やイバラキ県との地域間抗争に巻き込まれていく。

引用:お前はまだグンマを知らない – Wikipedia

なるほど…。

つまり、一応絵空事でも創作ネタでもなく、一応作者さんも群馬に引っ越してきた実体験をもとに作成されているみたいです。

というか、

群馬=グンマ、千葉はチバって、それぞれカタカナにしてある所もツッコミどころですよね!笑

 

ネットでは「群馬県」のことを遠い異国の地のように「グンマー」というスラングが有名となっているわけですが、今作では「群馬県」ではなく、「グンマー」というパラレルワールドで紹介している、ということになります。

では、グンマーについてもう少し詳しくチェックしてみましょう。

「グンマー」について

これはネットが発祥になる話なのですが…。

グンマー、というのはネットでも結構有名ドコロの話題でして、

  • グンマーの国境に近づいてはならない
  • 鉄道には外にも人がしがみついている
  • 沼で魚を獲って食材にしている
  • 成人式は縄で足をくくってダイブする通過儀礼がある
  • 埼玉県境から着くのに20時間ほどかかる
  • 県庁は竪穴式の住居

などなど。

「ホントに日本なのか!?」

とでも言いたげな都市伝説が跳梁跋扈しているわけです。

もちろん、これはネットがソースなのでネタなのですが、どこかで人気に火が付いたのか、ある意味では「魔境」としてグンマーという地が存在するかのように語られているのです。

グンマーとはこういう所みたいです。

栃木ェ……。

 

ちなみに、現時点でグンマーが群馬県にあるのかは不明です。つまり都市伝説。この実写化の原作となった「お前はまだグンマを知らない」の元ネタになった、ということなんですね。

ちなみにこのマンガ作品は、ただ単に群馬県をディスっているわけではなく、地元愛に溢れた作品に仕上がっているとのこと。群馬県出身の形でもストレスなく笑え、単純に作品としてのクオリティも高いみたいです!

まあ、実写化されるぐらいですから、

当たり前ですよね。笑

それにしても実写化、そして映画化決定って…グンマの貢献度高いですよ!

スポンサーリンク

出演キャストは?

現在のところ、主演には「間宮祥太朗」さんが抜擢され、主人公の「神月 紀(かみつき のり)」を演じられるそうです。

原作の主人公と同じく、関東近傍の県出身である彼(神奈川出身だそうです)。

きっと、ちょっとどころか激しいジェネレーションギャップを感じずにはいられなくなるハズです。

 

また、原作のキャラをちょっとおさらいしてみると、

  • 轟 ニ矢(とどろき おとや)
  • 轟 一矢(とどろき かずや)
  • 篠岡 京(しのおか きょう)
  • 家城 瑛南(いえき てるな)

これらのキャストも出演予定とのことでした。

轟は双子の兄弟で、彼らも幼少期にグンマへ引っ越してきた人物なのだそう。

しかもそれが仇となってか、グンマの温泉水を飲まなければ生きてはいけない体になってしまったそうなんです。

もはやネタ満載ですが、このあたりも実写ドラマに反映されるものと思われます。

また、

篠岡京や家城瑛南は女性キャラです。とはいえ男嫌いなので、行く先々で主人公の神月を阻むどころか、作品のテイスト的に命すら脅かしそうな役柄となっていくことでしょう。

もしも原作のあらすじがもっと知りたい!という場合には、マンガ版の原作はすでに発売しておりますので、先に原作を読んでみたい!という場合には予習しておくといいかもです!

ちなみにマンガの評判を知人に聞いてみたところ、「初期の10話ぐらいは相当飛ばしてる」とのことでした。

1巻は勢いがあるということですね。笑

こちらから、マンガの原作もチェックしてみてください。

 

公開日はいつ?

さて、グンマの生態を解き明かす「お前はまだグンマを知らない」の作品の放送情報です。

実写ドラマ版の番組については、

「2017年の3月6日から4週連続深夜放送」

とのことでした。

ちなみにセットで映画化されるわけですが、こちらについての情報はまだまだ未定。

おそらく、ドラマ放送中ぐらいに「続けて映画も撮ろう!」とスケジュールが組まれ収録が始まると思われます。なので映画の収録から編集に半年かかったとしたら、2017年の冬頃には公開されるのかもしれませんね。

映画化のほうはまだまだ不確定な情報が多いので、分かり次第追記していきます。

スポンサーリンク

ロケ地はやっぱり群馬県?

ここですよね。

ロケ地はやはりグンマの映画なので、まず第一に考えられるのは「群馬県の山奥」でしょう。

群馬県は普段から各局のドラマのロケ地としても有名ではありますが、「お前はまだグンマを知らない」のロケ地は、おそらくこんなセットが組まれて撮影が始まるのではないか?と思われますね。

 

あらやだ…。

筆者こんな所で生き残れるかしら…。

 

スミマセン笑。ネタですが、おそらくこんな感じの所での撮影されるんだろうな~というイメージでした。

まとめ

それでは「お前はまだグンマを知らない」のロケ地やキャスト、あらすじに関する情報でした。

これから色々情報が公開されていくと思いますが、エキストラの撮影に参加してみるのもアリかもしれません。

だとしたらグンマーでの貴重な生活体験も出来ると思いますので、ぜひ参加してみてくださいね。

や、しないですかね。笑

Sponsored Links
Sponsored Links

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いください!

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。