2016-03-20_133441

ゴッドイーターのアニメ版がついに最終回でした。
3月からのメテオライト編、本当にアツかったです!

とはいえたくさんフラグを残して終了してしまいました。まあ本来はここからゲームへ繋げるはずだったんだと思うと仕方ないところではありますね。

むしろゲームの宣伝としては最高だったと思います(時期がずれて結局こちらが後になってしまってますけど)。
そんなゴッドイーター13話、最終回のあらすじや感想をお話していきたいと思います。

ネタバレしまくってますので、未視聴の方は気をつけてくださいね!

スポンサーリンク

ゴッドイーター13話「連華」:あらすじ&感想(前半)

開始直後、第一部隊のモニタリングが出来なくなった直後に他部隊の装置まで異常発生。
報告を受けた支部長のタヌキっぷりがいっそもう清々しいです。
オオグルマさん、かわいそうとは思いませんがあっさりばっさり切られましたね。

そして第一部隊、前回レンカ達がピターと遭遇、リンドウの腕輪を見つけてしまったところからのスタートです。
サクヤさんをはじめ、絶望漂う雰囲気になったところで飛び出したのがソーマ。

そしてその目には涙が……。

普段の性格や態度があるからこそ、何もセリフがなくても見てる側も言葉を失います。
みんなも後から参戦するものの、闇雲に突撃するだけ。

そしてサクヤさんがリンドウの腕輪を抱えてついに動けなくなってしまいます。

そんなサクヤさんを見て、ついに迷って膝をついてしまったレンカに集落の人達、そして女の子が姿を見せ、レンカはリンドウの言葉を思い出します。

迷っているわけにはいかないと立ち直るレンカ、そしてそこからの指揮官っぷり、リンドウとシンクロするシーンは本当に胸が熱くなりました。

レンカがリンドウと並ぶような頼れる存在となったことを、これほどはっきり伝える演出もそうないのではないでしょうか。

そんなレンカの言葉に、全員の心が一つになってもう一度立ち上がるイーター達。ソーマは装置の破壊に、サクヤさんとコウタはヴァジュラの誘導へ、そしてレンカとアリサはピターへ挑みます。

ここでも集落の人達の力がないと迅速に行動出来なかった、そして彼らがしっかり協力しているというのがみんなの力を一つにしているという思いを強くします。

レンカの武器、どんどんパージしていきます。

ピターが絶望的な強さを持っていますがバトルは派手で熱いです!そしてソーマがついに装置を破壊、救援に駆けつけます。

濡れたまま、「お望み通り、ぶっ殺してきてやったぜ」とキメるソーマ。ブレません。

サクヤさんとコウタも合流し、いよいよ全員でピター戦へ。

ゴッドイーター13話「連華」:あらすじ&感想後半

そして再びバトルシーン。これほんとどうするのってレベルの強さです。しかしここで、レンカがリンドウのつけた傷に気が付きます。

リンドウがつけた傷を狙っていくというおいしい展開になります。そしてサクヤさんとコウタが共同でバレットを発射!ソーマがコウタを認めるシーン、何度も見返してしまいました。

「バックアップは任せてくれ、ソーマさん!」
「ソーマでいい。……助かったぜ、コウタ」

こういう、今まで格下だと思っていたであろう相手を認めて対等に見るという演出たまりません。コウタの驚きから笑顔になるところまで含めて最高でした。

そしてピターの活性化。それによりコウタ達の作ったΔゾーンも破壊されます。
正直活性化してからのピターさん、強すぎです。

それでも諦めないレンカに、全員がもう一度立ち上がります。ここから倒すまでの演出は本当に見入ってしまいました。

「俺たちは、ゴッドイーターだ!!」

レンカの目と髪が金色に。うっかりブラッドレイジ発動? って思ってしまいました(ゲームの話です)。
「俺たちは、希望なんだ」という言葉を最後に倒れ、エンディングに。

ゴッドイーター13話「連華」:あらすじ&エンディングの感想

支部長とサカキ博士の会話から。
アニメじゃこの二人、特に支部長はさすがに掘り下げが足りない雰囲気はあるんですよね。

もっと深いところまで知ったら、違う目で見れる気がします。

アーク計画もサカキ博士は知っていた、ということでしょうか。
それにしても支部長の計画、そもそも本当に何もなくなったらどうするつもりだったんでしょうか。

「知性を持つアラガミ」は、アニメだけ見ていると本当に「ロマンチストだね」で終わってしまいますよね……。

  • 「人が神になるか」
  • 「神が人になるか」
  • 「「競争のはじまりだ」」

    このあたりの演出もかっこよかったです。

おうちに無事帰れたコウタ。そしてリンドウのお墓が……。ってオオグルマさん行方不明なんですか!!

ソーマの後ろにチラチラ見えていた影、いますね彼女が!!

アリサの部屋にはレンカの破れたポンチョが。それにしても「新隊長就任の日に遅刻するつもりか?」のセリフはドキッとしてしまいました。

レンカはもう……って一瞬思ったじゃないですか……良かった……。

「ドン引きです」なども含め、ゲームプレイヤーへのサービスがたくさんでした。

そして隊長就任したレンカの命令。やっぱり4つなんですね。

「そしていつか、覆せ」

かっこよすぎでした……。目の色は金色のまま……レンカどうなるんでしょう。最後にさっきの影、散らばる缶詰。そして白煙。
神機も回収され、一瞬動く演出。

生きてるんですよね!!(2はプレイしているので知ってはいますけど)

二期放送の可能性は?

このアニメが本来ゲーム(ゴッドイーターリザレクション)へ続く作品と考えるとむしろ自然であり、そういう流れなのかなとは思います。

今のところ今後の展開はないようですが、フラグもたくさん残してますし……という希望を捨てられません。

本放送時に放送しきれず何度も特番を入れてしまったのは確かに良くないとは思うのですが、個人的にはそれを上回る作画で幸せでした。

でもこれを毎週って言われると大変だと思います……いっそ劇場版でも嬉しいですね。

正直、この作画で動くゴッドイーターをまた見たいと思っています。続き、そしてゴッドイーター2やレイジバーストもアニメ化……と、期待するだけしています!

まとめ

ゴッドイーターのアニメも、ついに終わってしまいました。
レンカは最初、腕も精神も本当に未熟で。それがどんどん成長していって、こんなに頼れる隊長になりました。

メテオライト編がはじまってから一度1話を見返したのですが、この頃から丁寧なフラグがあったんだなあと思うのと同時にレンカの未熟っぷりにびっくりしました。

こんなに変わって、成長して、もちろんそれだけの苦労もあって。最初はそんなに好きでもなかったレンカが、とても好きになっていました。

レンカの成長物語として、最高のアニメだったと思います。もちろんレンカだけでなく、アリサもコウタもソーマも、サクヤさんもみんな成長しています。

私はリザレクション途中で止まっちゃっているのですが、これは続きをやらなければという気持ちにさせてもらいました。

二期や劇場版を期待しつつ、まずは最終回お疲れ様でした!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ