2016-11-22_123230

どうも。TGです!

最近、月曜から夜ふかしの一般人勢がかなり強いです。芸能人より視聴率をとれるのではないかなと思うぐらいに…!

さて、今回はそんな中でも特に注目を浴びている「ザ行が言えないお母さん」こと古谷まさよさんについて。

彼女はフェフ姉さんと一緒で、滑舌がちょっと悪いのです。それもフェフ姉さんとは違うカテゴリのやつで、「ザ行が言えない」というもの。

そんな彼女とのやり取りをテレビではやっていたのですが、彼女のお店、どこにあるのでしょうか?

スポンサーリンク

ザ行が言えないお母さん(古谷まさよさん)のお店はどこ?

月曜から夜ふかしに出演したお店や場所は一気に拡散する可能性もあるので、あの番組に取材を受けられたらお客さんも増えるでしょうし、下手に広告を打つよりも費用対効果は高いのではないか?なんて風に思ってしまいます。

彼女ももちろん例外ではなく、そのほんわかしたキャラ性からかなりの注目を浴びてしまいそうな気がするのですが…。

ということで、調べてみましたが彼女、和歌山県の出身みたいです。

彼女が言えない言葉の一覧を書き起こしてみると

  • ぎょうだ
  • ダッケローニ
  • だじずでど(ざじずぜぞ)
  • でったい(絶対)
  • どうり(ぞうり)
  • でんでん(ぜんぜん)
  • でったいでつめい(絶体絶命)

和歌山県の衣料品店?

ということで、検索してみたらこういった情報がでてきましたので更に深掘りしてみます。

ザ行が言えないお母さん、古谷まさよさんは和歌山県の「古谷洋品店」というお店をやっている女性のよう。

いわゆるファッションモンスターということですね。(ちょっと違う?)

また、全国ネットでは月曜から夜ふかしによってその存在が知らしめられた彼女ですが、和歌山ではちょっとした有名なオバチャンみたいです。

しかも和歌山県のど真ん中!

ここです。

彼女も月曜から夜ふかし効果の影響を受けた一人だそうで、放送時には大きく話題になり一時期は数千人を超える人がお店に足を運ばれたのだとか…。

でも、残念ながら中高年向けのファッションをメインに扱っているお店なので、売上には好影響をもたらさなかった様子。

しかしながら、知名度が上がれば
同じアーケードに対する経済効果も
少しぐらいはあるのでは?と思います。

まだまだ月曜から夜ふかしでは彼女へのインタビューをたびたびすることになると思いますし。

その時には誰が来ても良いようにご当地グルメとか、若者向けのアパレルとか用意しておけば売れそうな気もします。笑

地域の商店街とかって、結構シャッターを閉めてる所とか多いと思うんですよ。

ザ行が言えないお母さんによって何かしらの地域振興につながるといいですね!

期間限定でバガー(ザー)とかやっても良さそうです。

まとめ

それではザ行が言えなくて苦戦(?)しているお母さん、古谷まさよさんについて紹介させていただきました。

彼女、お店もやっているようなので、挨拶代わりにお店でなにか欲しいものがあれば一緒に何か購入するのも良いかもしれませんね。特殊なモノとかしか無かったら「お、おう」ってなりそうですが笑。

地域振興の効果もあると思いますし、どんどん紹介していっていただきたいものですね~。

今後もご当地の濃いいキャラをもった方はどんどん紹介されていくと思いますので、要チェックです!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ