2016-11-17_093144

過去に大ブレイクしたオネエタレント、GENKINGさんをご存知ですか?

彼は2015年前半には、テレビで見ない日はないほどブレイクしていたと思います。

しかし、徐々に仕事はなくなっていき
2016年にはテレビで見かけることが
まったくなくなってしまいました。

そんな彼、GENKINGは果たして現在どうなったのか?筆者の同級生と同じ高校だったということもあり気になったので、今回あらためて彼の素性についてまとめて行ってみようと思います。

また、成功のルーツについても注目ですね!

スポンサーリンク

消えた理由はストレス?

人見知りで緊張しやすいということを公言していた彼がなぜブレイクしたのか?まずはそこから行ってみましょう。

彼はもともと人見知りであったため、
芸能界が大の苦手だったそう。

今考えてみれば、
そこが一つ目の失敗点だったかもです。

しかし、芸能界で名前が売れた事によって、後々得をすることはあるんですがね(それについては後述します)

また、

彼の一番のブレイクの原点になったのは、インスタグラムであったことは有名な話だと思います。
(※そして後にインスタに苦しめられることになります)

ブレイクした原点といってもいいですね。
インスタグラムでは、自分のファッションを
さりげなく更新していたのです。最初は。

しかし徐々にファンが増えていき、
いつしか彼のアカウントは大人気に。

そして芸能事務所からのオファーがきたのです。

もしもここで断っていれば
テレビで彼を見かけることは
なかったと思いますね。

当時、彼は同棲相手として「おぐねー」さんと一緒に暮らしていて、芸能界入りするまではずっと一緒に暮らしていたそうなんです。

そこで芸能界のオファーがあったことを
おぐねーさんに話してみたところ
すでに却下されてしまったのでした。

これは、GENKINGさんご自身の人見知りな所をかんがみて、「芸能界にはむいてないんじゃない?」という助言をしたのだと思います。

しかし彼はおぐねーさんの助言を受け入れず、芸能界に飛び込んでいくことを決意なさったのだそう。

ココで一旦、上京した彼は
おぐねーさんと離別することに。

後に再開して和解するのですが…その時の彼はちょっと若かったのかもしれませんね。

干された時もあった

彼はもしかしたら、結構イケイケだったのかもしれません。

芸能界に彗星の如く現れ
ガンガン売れていったので
向かう所敵なしだったと思います。

まあ、オネエブームにうまく乗っかれたというのもありますが。

彼の売りはファッションセンスの高さや料理など、家庭的なところだった気がします。家庭的なオネエ。いいですね!

ただ、芸能界では勢いで補えたものの、テレビ向きの特技で一芸に秀でていたというわけでもなく…。一部の人間からも心無い叩きメッセージを受けてしまっていました。

しかし勢いに乗りに乗っていた彼は、芸能事務所に引っ張りだこ。

2015年の前半、半年間は1日も休みが取れないぐらい忙しかったのだといいます。

まあ、お金のためとはいえ
1日も休みが無いのは
誰でもおかしくなりますよね…。

彼についても、もともとの人見知りな性格がわざわいして、

  • 突発性難聴
  • じんましん

といった疾患に悩まされてしまったのです…。

突発性難聴って、なかなか大変な病気なんです。筆者の知人も職場のストレスでなったのですが、片耳が全く聞こえなくなるのだそう。

車を運転していても何も聞こえなくなってしまう事があるのだそうで、車には難聴者の証拠として蝶のステッカーを貼っていました。

彼の場合は芸能界ともなれば
ロケの受け答えやトークは
毎日のようにあったと思うので
まともに受け答えできない!
なんて時もあったことでしょう…。

美容に気をつけているにもかかわらず、なかなか引かずメイクでも隠しきれなかったじんましんにかなり悩まされたとか…。

一時期は借金が1000万円に!

彼はずっと芸能界で頑張ってきたものの
やはり前述の症状が長引き
仕事は一気になくなってしまったのです…。

しかし、

インスタグラムなどについては
更新を続けていました。

おしゃれなファッションなどをして
ブランディングを見せるために
使えるだけの借金をして
無理にオシャレを演出してたのだとか…。

2016-10-17_160716

これ、悪質なネットビジネスのノウハウ販売者もやっていることですよね~。

高級な腕時計とか付けているにもかかわらず、まだ入金がなくて、高級車のフェラーリも撮影用のリースとか…結構そういうのってあると思います。

彼の場合は、一度上げたファッションの信頼残高をおいそれと下げるわけにはいかなかったのでしょう。アイデンティティでもあったと思いますからね。

「やーよ」

だけでは芸能界に生き残る要素としては、勢いのなくなってしまった彼にはあまりにむ弱すぎる武器だったのでしょう。

現在は新しい仕事・ビジネスに挑戦し起業の道へ

しかし、彼はただでは終わらなかったのです!

まさに男ですね!

借金をして、テレビ業界からも干されてしまった彼女は美容の勉強を必死しはじめます。

蕁麻疹で傷んだ体も
回復傾向に合ったと思うので
同じような症状で苦しむ人のために
役に立ちたい!と思ったのでしょうか?

そこからの勢いはすごかったと聞きます。

現在については彼の得意分野でもある、

  • 美容
  • ファッション

を中心にガンガン稼いでいき、今では自身のアパレルブランド「BADASS」を立ち上げ、数多くの根強いファンに支持されていると聞きます。

金額については、セレクトショップに入荷するような商品としては良心的な価格設定だと思います!

サングラスなんかの小物も展開されていて、なかなかにオシャレですよ♪

また、

海外で開かれた美容学会「AFAS2016」で独自の美容理論を提唱し、今では美容サロンを成功させ都内青山の一等地に建てる事に成功。

芸能界で一発売れただけで終わったんじゃなかったんです。

非常にストイックな苦労をして、
借金も完済した上で
今の地位を手に入れた、
ということなんですね。

このときばかりは芸能界で一旦名前が売れたので、結果オーライとも言えますね!

現在は見栄をはって借金をしているわけでもなく、家賃40万円のマンションに住む彼。

TVなんかでも数百万円はくだらない高級バッグを部屋に飾られていましたし、すごい生活の変わりようだな~なんて思ってしまいました。

彼はオネエかもしれません。

でも、その強い芯と根性はまさしく「漢」ですね。

まとめ

全てを失った人は強いです。

逆境にあればあるほど人間は追い込み効果で強くなると言いますが、彼はW字のようなストーリーを歩みながら、独自の価値を提供できる立派な経営者に転身することができました。

もしかしたら、最初に芸能界進出を辞めていたら、今の輝いている彼は見られなかったのかもしれません。そういう意味ではリスクをとってよかったとも言えますね。

まあ~リスキーですが、この波乱の世の中。自分から変わって行かなければ衰退しかないでしょう。

今後はテレビに出ていた頃よりも稼いで、戦って勝ち取ってもっと活躍していただきたければと思います!

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ