2016-12-07_151804

ども!TGです。

今年もガキ使(ガキの使いやあらへんで)の「笑ってはいけない○○」シリーズの季節がやってきました。毎年恒例で紅白の二番手となった恒例番組(そして出演者が高齢化…)で、お笑いファンにとって年末の楽しみといったらこれにつきますよね。

今年の舞台は「科学博士」だとか。何が飛び出すのか興味津々ですが、なんと有志の目撃情報や予想によりロケ地や出演ゲストの情報がだいぶ明らかになっているようです。

放送で明らかになるまで待っておきたい人もいるかと思いますが、逆にいち早く情報を仕入れるからこそワクワクが増すタイプの人もいるでしょう。今回は、そんな人のために今年のガキ使の情報をたっぷり仕入れてきました!ではでは、順番にお話していきますね。

スポンサーリンク

今年のロケ地は埼玉の廃校!情報の確実性はどれくらい?

目撃情報によると、科学博士の舞台になったのは「埼玉県狭間市立東中学校」だそうです。「笑ってはいけない」のロケは11月ごろに行われるのが定番ですが、この時期はイベントや冬休みの準備、部活などで学校も忙しいですよね。

大がかりな番組のロケなんかに敷地を貸し出している余裕はなさそうですが、この学校は2016年3月に廃校になっていたため、問題なく撮影ができたようです。

他にも、同様に廃校となった「入間中学校」でも撮影を行ったという情報があります。

「ということは…イルマニアも出演したのかも?」

と、反射神経的な感じでつい勘ぐってしまいますよね。

そして…狭間市立には怪しげな垂れ幕が、入間中では周囲へ配布されたチラシに「番組の撮影がある」という日本テレビからのお知らせがあったので、ガキ使の舞台となったのはほぼ確実と言えるでしょう。


ん…?コレを見るとなんだかバック・トゥ・ザフューチャーのオマージュというかパクリをしていますが…この煙の感じ、嫌な予感しかしませんよ。

また、笑いのトラップがえげつなく満載されたバスが到着した目撃情報があったのは狭間市立の方です。最初のロケ地はこちらでしょう。卒業生の方にとっては、見慣れた景色をもう一度見ることができて二倍楽しい番組になってくれそうですね。

スポンサーリンク

定番から今年の顔までずらり!出演者の予想は誰?

ガキ使で一番気になる情報といえば、メインの5人を笑わせるゲスト出演者です。毎年豪華ですよね。

去年の名探偵ではSMAPの中居さんが笑わせられる側で出演しましたが、今年は解散騒動もありますから出演は難しいでしょう。ですがそこを逆手にとって、報道をいじってSMAPのモノマネ芸人さんが出てくるのでは?という鋭い予想も挙がっています。

ドラマの番宣で出てくれる出演者もいらっしゃいます。

たとえば、去年は堀北真希さんや高梨臨さんといった意外なゲストが番宣を兼ねて出演しました。来年の日テレドラマからは「東京タラレバ娘」から吉高由里子さんや榮倉奈々さん、「視覚探偵日暮旅人」から松坂桃李さんや多部未華子さんなどのゲストが予想できます。

もちろん他のドラマからゲストが来ることも十分考えられるでしょう。

他にも……。

2016-12-05_184421

「PPAP」で流行語大賞を獲ったピコ太郎(古坂大魔王)さんもかなり出演の可能性が高い芸人さんです。ただネタをするだけでいつもの5人を笑わせに来るとは考えにくいので、番組が仕込んだ巧みなギミックやタイミングとあわせて大爆笑をかっさらってくれることを予想します。ただ、マネージャーの古坂さんはガキ使メンバーと同期もしくは後輩の可能性があると思います。笑

同じリズムネタならオリエンタルラジオの「PERFECT HUMAN」も今年ブレイクしましたよね。

私も大好きですが、ステージコーナーなどがあるガキ使の番組構造的に組み込みやすいのではと思っています。

あとは、松本さんの共演者繋がりでいえばベッキーさんの起用もありえますよ。

たしか干されてた時にワイドナショーに呼ばれていましたし、呼ばれたのは松本さんオファーがあったからです。もしかしたら出演の可能性はありまくります。

そして毎回お馴染のジミー大西さんや蝶野正洋さんの出演は固いでしょう。彼らが出なければ「笑ってはいけないを見た!」という感じが薄れる感じがします。なお、先ほど紹介した狭間市立にかかっていた垂れ幕には「舛添要二」という名前があったそうです。これはモノマネ芸人さんの登場があるのでは…?

また、

マツコさんは今年お休みというか、他局での年末特番へ出演するみたいです。っていうのも、紅白ですね…。でもガキ使は先持って収録でしょうし、きっと出てくると思います。いや、絶対に面白いのでまたエマニエル坊やとか挑戦していただきたいです。割りとガチで。

以上が、今年の年末ガキ使出演者の予想になります!

まとめ

隠れ情報のロケ地からお楽しみの出演者予想まで一気に駆け抜けた今回の記事でしたが、いかがでしたでしょうか。あなたの予想とどれくらい当たっていましたか?

出演者の年齢的に去年の放送で最後、なんて噂もささやかれていた「笑ってはいけない」ですが(マジで笑えないですね…)、今年も無事開催されてよかったです。もっとも、今年が最後になる可能性だってあるわけですが…。しかしそれならなおさら、今年の放送は見逃せないと筆者は思っています。

2016年の最後は大笑いで締めくくって、厄を吹き飛ばして新年を迎えてはいかがでしょうか?

Sponsored Links
Sponsored Links

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いください!

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ