2016-08-28_181805

暑い夏もいよいよ終わり、過ごしやすい秋がやってきます。

「味覚の秋」などと言われる通り、
これから秋ならではの食の楽しみも増えますね!

でも、秋は食中毒に気をつけなければならない季節だということ……
ご存知でしょうか?

「食中毒って言うけど、夏が一番危ないんじゃないの!?」
と思われた方、注意が必要なんです。

実は、食中毒が一番多い季節は9月と10月です。

「ええー!?」と思われるかもしれませんが、
これからが本番なのです。

秋ならではの食中毒もあります。

そしてこれからの季節は行楽シーズン……
つまり、運動会やバーベキューなど外で食べる食事が増える時期ですよね。

うーん……こう聞くと、確かに増えそうな気がします。

秋にどんな食中毒があるのか、
どうしたら予防出来るのか。

本格的なシーズンが来る前に把握しておきましょう!

スポンサーリンク

秋ならではの食中毒ってなに?

秋とはいえまだまだ暑い時間もありますから、
夏と同様細菌やウィルスによる感染性のものももちろんあります。

そして秋ならではの危険もあります……例えば「キノコ」ですね。

2016-08-28_181907

キノコで毒にあたることもあるのです。

キノコの食中毒の原因は
加熱が不十分なことにより起こります。

熱に弱い菌ばかりなので加熱すれば当たるリスクは0に近くなるのですが、加熱不足・または生食用でないものを生で食べると食中毒を引き起こす可能性があって危険なんです。

または、キノコ自体が「なんだか酸っぱい」と感じる場合には腐っています。秋は涼しくなりますが、油断すると腐った食材を使うことになるので事前に確認しておきたいですね。

行楽シーズンですから、外でバーベキューなどをする機会も増えるでしょう。

衛生管理をしっかりしていないと、
ここでも食中毒の危険が
生まれてしまいます。

「ちょっと涼しくなったから大丈夫」と油断してしまうこともあります。

バーベキューの場合ももちろん、
肉や野菜にはしっかり火を通しましょう。

お弁当を作る場合も夏場と同様、
しっかり冷ましてから蓋をするなどの対策が必要です。

食中毒を防ぐためにも、しっかりどんなものが危ないのかを知っておきましょう!

秋に増える食中毒の病原菌は何があるの?

ここでは秋に多い食中毒の病原菌についてまとめています。

それぞれの予防方法も軽くまとめていきますので、参考にしてくださいね。

秋に多い食中毒1.腸炎ビブリオ

主に海水に生息する細菌で、
魚介類に付着します。

潜伏期間は12時間程度、回復も数日程度と、進行速度は早いです。

腸炎ビブリオの一番怖いところは
増殖スピードにあります。

常温で放置するとわずか10分で倍に増殖すると言われ、
ほんの僅かな数から一気に危険な数まで増えてしまうのです。

症状は腹痛や下痢から始まり、
嘔吐や下痢、果てにはチアノーゼにまでなってしまいます。

症状によっては2~3日で収まりますが
命に関わるリスクもある危険な病気なんです。

2016-08-28_183807

「魚介類なら夏から危険なのでは?」

そう思いますよね……私も最初思いました。

でも実は、海水の温度は8月より9月のほうが高いんだそうです。

海水の温度が高い=菌の繁殖能力が高まるので
むしろ秋のほうが増殖には好条件なんですね。

つまり、最初から付着している可能性は
9月のほうが高いんです。

ですからむしろ、秋からが特に気をつけていかなければならない時期なのです。

常温で増える特徴があるのですから、
ここを気をつけるのが一番の予防になります。

  • 買い物をするときに魚介類は最後に取る
  • 買い物が終わったらまっすぐ帰宅し冷蔵庫に入れる

これだけでも予防になりますので、覚えておいてくださいね!

秋に多い食中毒2.カンピロバクター

鶏肉や牛レバーなどに多く付着している細菌です。

「鶏肉を生で食べてはいけない」

と言われる原因はこのカンピロバクターにあるからで、
スーパーに売られている鶏肉なども
半数に生息していると言われています。

潜伏期間は1~7日と期間が長く、
場合によっては原因が分かりにくくなっていることもあります。

カンピロバクターは熱に弱いので、
暑い夏よりもむしろこれからの季節が本番です。

  • 「生で食べてはいけない」
  • 「熱に弱い」

……これらを見れば対策も分かりますね。

焼く・煮るなど、しっかり加熱することが大切です。

また包丁やまな板などは出来れば肉専用を用意すること、
無理な場合はこまめに洗浄・消毒することが大切です。

このあたりの調理器具は気をつけている方も多いのですが、
菜箸はうっかりしがちなポイントですのでご注意ください。

調理する際に生の鶏肉に触れ、
そのまま他の調理に移ってしまうことがあります。

秋に多い食中毒3.ウェルシュ菌

カレーによく生息すると言われている

「ウェルシュ菌」は、

これからの季節も続けて注意が必要です。

常温放置の状態で増えるので、
カレーや肉じゃがなどの煮込み系料理でよくあたってしまいます。

2016-08-28_184000

たくさん作ったカレーや煮物をそのまま一晩放っておく……なんてしたら、ウェルシュ菌がものすごい数になっているかもしれないのです。

ウェルシュ菌の潜伏期間は6~18時間、ほとんどが半日以内に発症します。

1日以上経ってから発症することはまずないので、
ウェルシュ菌が原因だと特定はしやすいですね。

予防としては、煮物は残さず小分けにして冷蔵庫に保管しましょう。
カレーもできれば一人分ずつ分け、冷蔵庫にしまいます。

鍋ごとしまう場合は粗熱が取れてからなら問題ないですが、
冷蔵庫にカレーの匂いが移ってしまうかも……?

「2日目カレーはよく火を通して!」
など、昔はよく聞いたのではないでしょうか。

また、空気のない空間では
無類の強さを誇ります。

ウェルシュ菌は空気を組み合わせると熱に弱いので、
もしどうしても常温放置する場合はしっかり加熱しましょう。
基本、グツグツ鳴り始めて10分ぐらい煮込むのですが

「鍋底から表面までしっかり混ぜ込む」

ことを意識してしっかり加熱しましょう。

増えすぎないよう、数時間に一度しっかり火を通しておくことも対策になります。

関連記事 → カレーの賞味期限と保管方法

続いて秋のシーズンを楽しむための
自己防衛策について紹介します。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ