2016-11-03_180005

こんにちは。TGです。

世の中には恐ろしい病気や難病、大変苦労する障害などがあるのですが、このジストニア、という病気もなかなか深刻なものではないかと思います。

筆者的には初めて聞いた病気だったのですが、

職業によっては深刻な影響を及ぼすこの病気。

原因は果たしてストレスなのか、それとも他になにかあるのか?

詳しい症状や治療方法、完治までの期間などを調べていってみます。

スポンサーリンク

ジストニアの症状は?

ジストニアはいわば筋肉に影響する病気です。

  • 勝手に筋肉が収縮する
  • 硬直もする
  • 勝手に体が動いてしまう

といった特殊な病気であり、難病として指定されています。

人間の筋肉は微弱な電気信号によって動くものですが、ジストニアは異常な電気信号が筋肉に行くことにより起こる病気ということになりますね。

また、専門的な用語を使うと、

「筋肉の不随意運動」

といったものになります。

難しい言葉ですが、言い換えてみれば自らの意思とは関係なく、脳からの司令とは関係なく勝手に筋肉が収縮する、ということになりますね。

参考動画 https://www.youtube.com/watch?v=1cvfddAAdD8

筆者の友人には体に障害をもっていて
じっとしていられない方がいらっしゃいます。

自分で止めようとおもっても、

全然止まらないんですよね…。

彼はけっこう重度な症状のようで、

  • 首が勝手にねじれる
  • 手首が縮んだままになる
  • アゴがガクガクと動く
  • うまくしゃべれない、会話ができない
  • 食事もまともにするのが難しい

などといった症状があるようで、介護が必要です。ジストニアは症状の範囲や程度に大きな個人差があり、かなり深刻なものと思われます。

幸い命に関わる病気ではないものの、手先を使ったり、神経を使う仕事はできなくなるでしょうね…。

また、突然変異的に発症することもあるので、本当に原因の特定が難しい病気でもあります。

何が原因なのか分かりませんが、どうにかして解明していただきたいと筆者は思います。

ジストニアの原因はストレス?

体が勝手に動いてしまう病気、ジストニアの原因としては、症状にも個人差が激しいため特定されていないようです。

大きな原因として、有力な説は

  • 特定の遺伝子変異によるもの
  • ストレスによるもの
  • 薬の副作用
  • 脳の疾患によって起こるもの

などなどがあります、

そうなんです。
症状にも個人差があるように、
原因にもかなりのものがあり
正直特定するのは難しいそう。

だから、画一的な治療法もなく難病の認定を受けています。

ストレスによるものと診断されたとしても、まだジストニアだと断定出来ない時に患者自身が「ジストニアなの?」と疑心暗鬼になったりして、より大きなストレスを感じてしまうことだってあるでしょう。。。

ジストニアでなくとも、ストレスでやられてしまいそうですよね。

また、

治療法については、症状によって色んなものがあり、

  • 脳の定位手術
  • 薬物療法
  • 心理療法
  • 鍼治療
  • ボツリヌス療法

などなど、様々なものが存在するようです。

治し方は一つ一つ、施術できるものを当てはめていくしかありませんが、気の長くなるような作業ですよね…。

今後も病気の研究が進んでいけばいいのですが、
果たして完全に直せる医療法は出てくるのか?

患者自身も大きなストレスを受けるでしょうし、変異的に起こることもあるので、健常者であってもいつ発症するのかキッカケがつかめない、なんてこともあるのだそう。

日頃から病気に対する理解を深めて置く必要がありそうです。

まとめ

それではジストニアについての紹介でした。

かなり症状は深刻な病気だと思いますし、いつ治るかわからないと思うと本当に気が遠くなってしまいますよね。

今回、日本では9ミリのギタリスト、滝さんが発症したとのニュースがありましたが、なんとか早いところ治っていただければ、と思う限りです。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ