2017-01-14_130926

昨年のプロ野球ドラフト会議、注目度No.1だった創価大学の田中正義投手はソフトバンクにドラフト1位で指名されました。即戦力として期待の高い大学生ですが、今年も大学生にはドラフト候補が多く出揃っています。

2017年のドラフト上位指名注目の選手はどんな逸材が揃っているのでしょうか?

今回は投手と野手ごとに紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

大学ドラフトの特徴は?2017年の注目選手を紹介!

大学ドラフトを「高校ドラフトの指名漏れでしょ?」と思う人はいるかもしれませんね。

しかし実際の様子を見てみると、全く違うことが感じられます。高校野球の時点でドラフト指名されなかった理由としては怪我の克服や、進学して安定感を身に着けた後に挑戦する、といった「自制心」を身につけるためにあえて大学に進学してからドラフトを目指す選手も多いからです。

2016年のドラフトでを見ても分かる通り、体がしっかりと出来上がっているのも大学ドラフト選手の大きな魅力でしょう。故障の克服をしている選手も多く、全体的に安定しています。去年はジャスティスこと田中正義選手が重複指名で会場を沸かせましたが、大学選手ならではの成長が見られるのは大変魅力なポイントでしょう!

では、今年はどんな大学選手がドラフト指名されるのか?改めてチェックですね。

(※動画のある選手は一部抜粋して紹介しています)

巨人のドラ1を圧倒した本格派左腕 高橋遙人投手(亜細亜大学)

大学生で注目なのは、亜細亜大学の高橋遙人投手です。しなやかなフォームから繰り出すストレートはMAX151キロ。フォームのバランスが非常によく、無理なく腕を振ることが出来るのが特徴です。昨年の大学野球選手権では、吉川尚輝選手(中京学院大→巨人)を力でねじ伏せました。

ただでさえ貴重な左腕ピッチャーだと思いますし、ドラフトでどのような評価を受けるのか?2013年にもドラフトで指名を受けていたみたいですが、大学生になり上位指名を狙える実力を十分身につけられていると思いますね。

ボールの勢いを取り戻せるか 嘉陽宗一郎投手(亜細亜大学)

同じ亜細亜大学からは嘉陽宗一郎投手もドラフト候補に名乗りを上げます。186cm、85kgと投手らしい、恵まれた体型から勢いのあるボールを投げ込みます。ここ最近は足踏みしている感がありますが、持っているエンジンの大きさは大学生の中でもトップクラスです。

大学ラストイヤーに期待したいと思います。技巧派ピッチングプレイヤーとしても注目です!

大学日本代表も経験した変則左腕 斉藤大将投手(明治大)

昨年の大学日本代表にも選出された明治大学の斉藤大将投手は、サイドに近いスリークウォーターから切れ味抜群の速球を繰り出します。左打者にとっては厄介な投手で、アウトコースのボールはかなり遠く見えます。

経験も豊富で、柳裕也投手(明治→中日)、星知弥投手(明治大→ヤクルト)の抜けた明治大を引っ張る活躍が期待されています。

大学同士の試合だけのみならず、日米大学野球でも活躍している選手ですので期待が高まります。

スポンサーリンク

怪我を完治して東大からプロ入りへ 宮台康平投手(東京大)

東大のドラフト候補として話題の宮台康平投手は、春の復活を目指します。

昨秋は肩の故障で登板が出来ませんでしたが、柔らかい腕の振りから投げる最速150kmのストレートは一級品です。今シーズンは、左肩の強化やケアにも気を付け、さらなる進化に期待したいと思います。

チェンジアップの精巧さにも定評があり、さすが大学日本代表に選ばれるだけの実力の高さを感じますね。

一冬越えて本格化へ期待 草場亮太投手(九州産業大)

九州産業大の草場亮太投手も150kmを超えるストレートが魅力の右腕です。線が細く、力感の無さや体感の弱さが気になりますが、冬のトレーニング次第では大学No1投手にもなれる素質を秘めています。この冬の成果を、春以降に発揮して欲しいと思います。

手足も長く柔軟性のある体から繰り出されるパワーは圧巻ですね。今年のドラフト上位候補としての活躍間違いなしです。

続いては野手です。大学生にもセンス溢れる野手が並びます。

名門を牽引するドラフト上位候補 下石涼太選手(東海大)

まず野手で注目したいのは、東海大学の下石涼太選手です。1年春から名門東海大学のレギュラーに定着し、2年生からは大学日本代表にも選出されるなど、大学野球を代表する内野手に成長しました。昨年はスランプに陥り、チームとしても2季連続でリーグ優勝を逃すなど、思うようなシーズンとなりませんでした。来年、下石選手の逆襲に期待したいと思います。

ドラフト候補は…どうでしょうか。ヤクルトに行きそうな感じもありえます。上位候補とすでにタメを張れるどころか勝てる実力もあるでしょうし、ひたすら注目です!

「プロ一本」を表明したセンス抜群の内野手 宮本丈選手(奈良学園大)

奈良学園大学の宮下丈選手も関西の大学野球を代表する内野手です。高いミート力に、無駄の一切無い守備、そしてリーグ戦では2ケタ盗塁を記録するなど走攻守すべてが一級品です。プロ野球への思いも強く、すでに進路は「プロ一本」を表明しています。今年は更なる活躍で、ドラフト1位候補へと、上り詰めて欲しいと思います。

堅調にコツコツいけばドラフトでも上位候補となるでしょうし、内野手としてダントツで活躍できそうな身体能力の高さにも注目。しっかり走れてしっかり振れる選手だと思います。

あとは…守備でたまにあるモレを克服できれば完全無欠でしょう。

俊足を活かしたプレーは圧巻 島田海吏選手(上武大)

上武大学のリードオフマン、島田海吏選手は中学時代に陸上100mで県優勝を果たした程の俊足が持ち味です。また俊足を活かした広い守備範囲も素晴らしく見るものを唸らせます。課題は打撃です。昨年の春のリーグ戦では首位打者を獲得しましたが、秋は1割6分と大きく数字を落としました。来年は、1年を通して安定した打撃が求められます。

また、走力の評価も非常に高いです。50m走のタイム測定では5秒台ですし、外野手としても、打者としてもすでに活躍しそうな才能の片鱗を見せているのが特徴ですね。

まとめ

ここまで、投手、野手合わせて8名を紹介しましたが、昨年の田中正義投手(創価大→ソフトバンク)のような絶対的な存在はまだいません。佐々木千隼投手(桜美林大→ロッテ)や吉川尚輝選手(中京学院大→巨人)のように、春以降に台頭する選手の存在が今後求められます。

冬を超えて、はたしてどれだけ成長し秋のドラフトで首位を勝ち取るのか?

大学生の春以降の活躍に注目していきたいと思います。

 

 

Sponsored Links
Sponsored Links

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いください!

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ