2016-10-01_171124

こんにちは。TGです。

先日のニュースにて。

民進党の長妻さんと安倍総理との間であった束の間の出来事で気になるフレーズがありました。

「全く言っていないことを(自分が)言ったかの如く言うのはこれもうデマゴーグ」なんですよ。

「デマゴーグ」って一体何だ???となりました。

普段聞き慣れていなかったのですが、ツイッターのタイムライン上では普通に使われている方もいらっしゃるようで…。

筆者は学がないため「へ??」となったのですが、意味を早速色々調べてみることにしました。

スポンサーリンク

デマゴーグの意味とは?

この言葉を聴いたのは先日の国会中継での出来事でした。

総理に対しての発言で、民進党の長妻昭さんが仰っている所を拝見していたのですが、内容としては総理に対して過去にした話を蒸し返すような形での批判でした。

その時、返す刀で安倍総理は

「デマゴーグ」

という言葉を使ったのですが、

これって私達が普段使っている「デマ」や「でまかせ」と同じ意味を持つ言葉のようですね。

古くは古代ギリシアで「先導的指導者」といったような悪い印象を持つ言葉として使われるようになったそう。

今の「デマ」の意味と本質は変わらないということですね。

最初この言葉が検索ランキングで上位に来ている時、

…「FFの黒魔法か何か?」

 

と思ったのですが、その疑問も晴れてスッキリしました。

もとはアメリカ(demagogue)やドイツでの語源(demagog)などが由来であり、その頭をとったものが私たちの普段使っている「デマ」の先祖だということです。

同じような「難しい言葉」からの派生としては「サボタージュ」が有名でしょうか。

こちらはまさしく「サボる」の語源になるのですが、「ちょっとサボタージュしてくるわ」ってなんだかクラシックでカッコいい響きじゃありませんか。

筆者的にはビースティ・ボーイズの名曲を思い出します。

他にも類義語があったけど…違いはある?

また、デマゴーグには類義語があるらしく

デマゴーグ以外にもデマゴギーやデマゴゴス
なんていうものも存在しているようです。

検索の仕方によっては言葉の起源に若干の揺れがあるようですが、

  • デマゴーグ
  • デマゴギー
  • デマゴゴス

という3つの種類が大きく存在するようです。

もはやすでにラスボス手前で覚えそうな言葉のインパクトを醸し出していますよね。

それぞれ単体、グループ、全体攻撃だと思います。(多分)

まとめ

それではデマゴーグについて、筆者のくだらないモチベーションによって意味や語源を書かせていただきました。

言葉の意味って結構調べると面白いもので、
今回お話したデマゴーグ以外にも
身近に略されている言葉ってあるかもです。

あえて今回のような語源に近い言葉をあえて使ってみてドヤ顔をするのはもう中二病の現れでしょう。

が、知り合いに対して使ってみれば多少は話の種になるかもしれないのでぜひ!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ