where

名脇役6名が集うシェアハウスでの生活を写した異色のドラマ「バイプレイヤーズ」に注目が集まります。

 

でもって今回のバイプレイヤーズ、男だらけの宿泊場所としては不釣り合い過ぎるほどオシャレな物件を借りて撮影に臨まれているみたいですね。棒台本のない恋愛ドラマの舞台としても使えそうなぐらいオシャレですが、もうなんというか、男だけで使うにはいささかオシャレすぎるような感じすらあります。でも、どこの物件なのか気になりますね。

ということで、今回はロケ地のシェアハウスがどこなのか調査してみました。

スポンサーリンク

バイプレイヤーズの独特の世界観が話題に

この作品、筆者も初めて見るタイプだったのですが、ヨシヒコが終わったあとのドラマ24はどんなもんなのかな?と思って1話めだけチェックしてみたんです。

そしたら意外や意外!結構おもしろいんですよね!ヨシヒコロスの後番組としてはすでに役不足感すら感じますね(予算的にも)。

「名脇役6名が集うシェアハウス」

と題されたこのドラマでは、名だたる名脇役、というかすでに主役も張られている大物俳優の方ばかり、という印象すらあります。

キャストは遠藤憲一さん、大杉漣さん、田口トモロヲさん、寺島進さん、松重豊さん、光石研さんの6名。

どう見ても豪華なキャストです。

ヨシヒコと比較すると
1話で3話ぶんぐらいのコストがかかっているのでは?

とも思ってしまいますよね。

筆者的には「孤独のグルメ」でもおなじみの松重豊さんが一番気になってしまいます。というかドラマ観ましたが、いかんせん皆さん渋過ぎません?でも金曜日の晩に見るドラマとしてはちょうどいい濃さなのかもしれません。あと…田口トモロヲさんは地上波よりも、どちらかというとBSでの出演がメインのようにも感じますね。

そしてドラマの中でもっとも特徴的なのは

  • シェアハウスの中では素の役
  • それ以外の場所では作品用の役

といった日常と非日常の切り替えっぷりの激しさです。

つまり「素」の役が観られるシェアハウスでの生活と、普段の仕事での役柄のギャップを楽しむ、といった内容となっているんですね。

深夜ドラマだからこそ受けるのかもですが、

超豪華だと思うので21時頃にでもやってほしいです。笑

スポンサーリンク

ロケ地のシェアハウスはどこ?

そして今回使われている、バイプレイヤーズの不釣り合い(?)なほどオシャレなシェアハウスに注目が集まります。

今回のシェアハウスの特徴、とても気になりませんか?

オシャレな平屋建ての木造建築。

調度品も一流家具メーカーのものばかりが置いてありますし、「テラス○ウス」や「失恋○ョコラティエ」とかやっていても全然違和感がありません。というかそれ目的で本来は使われるような感じすらあります。

で、

このシェアハウス、どこなのかと気になって検索してみたところ、

「ケアンズハウス」

という所だというのがわかりました。

https://twitter.com/miyu1124A/status/770566774123208704

貸別荘のようで、千葉県館山市にある物件として有名みたいですね。房総半島の南端に位置する海水浴場の近傍に設置された、1日1組限定の人気物件みたいですね。

評判をチェックしてみると、

  • 見た目はオークの柾目板が張られた平屋建てでオシャレ
  • 高級家具がずらり
  • バーベキューもできる
  • 天井7mの吹き抜けリビング

とのことでした。

シェアハウス目的ではなく貸別荘で、1日1組なため長期滞在は難しいかもですが、1日だけなら予約さえ取れればOKみたいです。

ケアンズハウスのレンタル・宿泊費用はいくら?

そして気になるのが、

「ケアンズハウスの宿泊費用はいくらなのか?」

という所ですよね。改めて公式サイトより情報収集を試みてみました。ケアンズハウスの宿泊料金は以下の通りです。

 

・平日 60000円
・土日祝日前 72000円
・繁忙期 90000円 (夏休み、年末年始、GW期間)

6名以降の追加料金 1万円/人

チェックイン15時 チェックアウト10時

(※6名利用で1棟貸し切りの場合)

 

こんな感じですね。

高っ!!と思ってしまいましたが、平日で6万円なら、6人で割り勘すれば1人1万円なので、この設備でこの価格ならまあいいかもです。しかし食事などは別なので注意ですね。さすがに繁忙期の料金は3割増で高額なので、別のところに宿泊したほうが賢明かも…?

とはいえ、6名の名脇役が過ごしているシェアハウスにぜひ行ってみたい!という場合には、真冬とかの空いている時期に行けば楽しめそうです。

まとめ

シェアハウス風のケアンズハウスの紹介でした。

高級シェアハウスとのことで1回の利用料金もそこそこ高い感じですが、非日常を楽しむにはなかなかオススメな物件かもしれません。

近くにお立ち寄りの場合はぜひぜひ!名脇役の暮らしぶりを擬似的に体験してみるのも面白いかもです。

Sponsored Links

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いください!

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ