2016-12-22_224554

400年以上の歴史を持つ、日本最古のフリーマーケットとも言われているイベント、ボロ市が今年も始まります。

どマイナーなイベントでしょ?とタカをくくっている方も多いのかもしれませんが、意外とお宝な掘り出しものがあることでも有名で、世田谷の街を毎年のように賑わす一大イベントでもあるんです。

しかも、会場の開催規模が大きすぎて各近隣の路線は臨時運行のダイヤを伸ばすほどなのです。

今回は、2017年のボロ市の臨時ダイヤや、最寄り駅などアクセスの情報、代官餅などのイベントならではの出店に注目してみたいと思います。

スポンサーリンク

ボロ市2017年の日程は?最寄り駅もチェック!

ボロ市というイベントは知る人ぞ知る、古くから伝わる由緒正しい年中行事といっても過言ではないでしょう?

なぜって、400年以上前からあるイベントですし、年号に表すと1570年ぐらいから始まっているものだからです。大河ドラマとかでも同じような市場が過去に開かれていた、と想像するとボロ市は非常に興味深く、感慨深いイベントだといえますね。

ちなみに2016年~2017年のボロ市の日程は、という話ですが、

12月と1月にそれぞれ日程が組まれています。

  • 2016年12月15日、16日(木、金)
  • 2017年1月15日、16日(日、月)

この二つですね。

時間は午前9時から午後8時の間。

今年2017年のボロ市の時期は大寒波に見舞われて運休なんかも予想されますが、日程としてはこの通りになっています。

場所は世田谷区ボロ市通りでいつもどおりになっていますね。

GoogleMAPでチェックすると、ちょうどここの付近のエリアになります。蛇足ですが、ボロ市通りという支店名が周辺のお店には付けられるんですね…。

また、最寄り駅としては

  • 東急世田谷線 世田谷駅
  • 東急世田谷線 上野駅

が一番近いところになっています。

また、駐車場は基本的に用意されておらず、万が一クルマでアクセスしたとしても最悪の場合駐車場がなく立ち往生を食らうかもしれませんのでご注意を。

会場付近の混雑を避けるためにも、タクシーまたは公共交通機関を活用の上、ボロ市へ参加しましょう。

ボロ市2017の臨時ダイヤは?

ボロ市は開催規模・動員数ともにディズ○ー並の動員数を誇りますので、かなり混雑します。

最大で動員数は70万人ぐらいいくらしいので

会場にたどり着くだけでも大変であることが

容易に想像できると思います。笑

また、

ボロ市の動員数は相当なので、近傍にある世田谷線も臨時ダイヤによる運行を実施しています。

臨時ダイヤの実施日はボロ市の開催日程にあわせ、15日、16日で実施されます。

1月15日は7時~20時の間までで

  • 上り(三軒茶屋方面)で45本
  • 下り(下高井戸方面)で45本

の増発が予定されています。

臨時ダイヤの本数、個人的には「10本程度かな?」と思いましたが、予想以上に多いですね。笑

会場はかなりの人数でごった返しとなり日本人口の10分の1ぐらいはボロ市に集結しそうな勢いです。

ちなみに、

翌日の1月16日は9~20時ごろまでの間で

  • 上り(三軒茶屋方面)で27本増発
  • 下り(下高井戸)で27本増発

となっています。

スポンサーリンク

ちなみに臨時ダイヤの運行表は以下のようにシェアなさっている方がいらっしゃいましたので、紹介させていただきました。

詳細は運営元の「東急電鉄」のサイトでも確認できますので、予めチェックしておくことをオススメします。

出店や掘り出し物にも注目

ボロ市の出店は毎年異なるものの、

  • 食料品
  • 玩具
  • 衣類
  • 日用品
  • 古本
  • ゲーム

あたりのラインナップは基本的に毎年あるみたいですね。

基本的には

「歴史のあるフリーマーケット」

といったコンセプトのように感じますが、実際の商品を見てみてもそのような感じのようです。掘り出し物は必ずあると思いますので、目当ての物があればここだけで買うか買わないかは別として

ボロ市名物にはどんなものがあるのか?という話ですよね。

寒いですし、ずっと歩き回るでしょうからお腹も減りますし、何か屋台でもないかな?と思うものです。で、ここでオススメな名物なのが「代官餅」なんですね。

世田谷信用金庫の駐車場で毎年販売されている定番人気商品ですが、あんこやきなこ、からみ(大根おろしとネギ)の3種類を選ぶことができ、ボロ市定番のここでしか食べられないご当地グルメになります。

場所はここになります。

しかしこの代官餅、かなり人気なんです。

見て下さいこの圧倒的なあんこ量。

アンコマシマシです。

https://twitter.com/mnmr_journey/status/809979537568083968

めちゃくちゃ並んでいる人も多いため、待ち時間は長い時で1時間以上に及ぶことだってありますね。価格は600円~700円と屋台の食べ物にしてはちょっとお高めですが、ボリュームもありますし、何より非常に希少性の高い「ボロ市」ならではの名物ですので、ぜひ並んで食してみてはいかがでしょうか?

他にもボロ市ならではの名物として、

  • 甘酒
  • 焼き鳥
  • シャーピン
  • じゃがバター
  • 親機、
  • コロッケ

などなどの各種屋台が軒を連ねます。

ボロ市では掘り出し物を見つけながら、屋台で舌鼓を打つのも一つの楽しみになるのではないか、と思いますね。

まとめ

ボロ市の掘り出し物、見つかるといいですね。

多分何も買わなくても見るだけで面白いと思います。

ふらっと立ち寄るには混雑しすぎかもしれませんが、ぜひ足を運んで400年の歴史を肌で感じてみてはいかがでしょうか?

筆者は地元の人間ではありませんが、次回は顔を出してみようかな~と思いました!

Sponsored Links
Sponsored Links

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いください!

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ