こんにちは。

TGです。

芸術肌のモデルさんとして人気の韓国モデル、ベックさんをご存知ですか?

彼女、日本の大学で猛勉強されたのか、日本語は非常に流暢であり、センスも抜群で雑誌のトップを飾られている方でもありますよね。

そして絵が上手いというのも大きな特徴なのではないか?と思います!

 

今回はモデルのベックさんについて、絵の作品や私服をまとめたり、なぜか嫌いと言われている理由について探ってみようかなと思い、キーボードを叩いてみることにしました。

スポンサーリンク

ベック(モデル)の基本プロフィール!

まずは彼女の基本プロフィールとやらをチェックしてみましょうか。

お名前: ベック(ペク・ヒョワン)
出身: 韓国 ソウル
事務所: ホリプロ
職業: モデル
生年月日: 1991年10月30日
血液型: B型

 

 

何気にノラさんと共演しているんですね!

さすがモデルといった感じで、オーラがあります。でも25歳には見えないな…。

 

韓国出身で日本で活躍しているモデルさんとしては、最近もっとも名前が売れているのではないのでしょうか。

私としては音楽かマンガの「BECK」を連想してしまいましたが、もともと彼女のお名前みたいですね。

ちなみにベック・ヒョワンとWikiには書いてありますが、正しくは”ペク”みたいです。

ハーフのようなお名前ですが、これは改めて検索してみたところ、ハーフではなく純粋な韓国人の方のようです。

 

顔は…なんというか、年齢と比較すると非常に幼く見えます。思ったのですが、三戸なつめさんや、芦田愛菜さんを足して2で割ったような感じでしょうか。

https://twitter.com/mi_fp62/status/834998569476079617

 

 

彼女はZipperというファッション雑誌の専属モデルさんとして活躍されていたのですが、ひょんな事がきっかけで芸能界入りを果たします。

この芸能界入りのキッカケも結構興味深くて、森三中の黒沢かずこさんからの紹介がきっかけだったみたいですよ。

 

こ、コネの力は絶大だな~なんて感じてしまった瞬間でした!笑

私服はどんな感じ?

モデルの才能は間違いなくあると思います。SNSで投稿されている私服の写真も非常におしゃれなものが多いのが特徴です。

私服のジャンルとしては、カジュアル系でしょうか?

顔が小さいので、どの服を着ても似合いそうです。

こういうちょっと冒険した感じのセーターから…。

 

ドレスっぽい、女性ならでは!みたいなファッションも様になっています。

こんなおしゃれな感じなので、その後バラエティで名前が売れ始め、

  • 踊る!さんま御殿
  • 今夜くらべてみました
  • 桜井有吉アブナイ夜会
  • 指原カイワイズ

などなどの各種人気番組に一通り出演されているとおり、モデルとしても、タレントしても活躍しているような印象を受けますね。他にも自分のレギュラー番組として「原宿アベニュー」や「ジモティ愛情マップ(準レギュラー)」といった番組にもそれぞれ出演なさっています。

 

ちなみに今はバラエティで日本語を流暢に話しまくっている彼女ですが、もともとは韓国語がメインだったので日本語もまったくゼロの状態から学ばれていたとのことでした。

日本語を勉強し始めたのは2011年の頃だったらしく、その時から猛勉強!

きっかけは日本の大学である、武蔵野美術大学に進学されたことが大きなきっかけだったみたいですよ。

有名人であればリリー・フランキーさんがOBであることも有名ですよね!

 

日本語は美術を専攻していたため、語学は必須ではなかったと思いますが、日本での生活に不自由するでしょうし、勉強して大正解だったでしょうね。

それにしても、5年そこらで日本語マスターされているのは凄いです。

これはライティングやスピーキングを分解して覚えているからできるのだそうで、コツコツと積み上げて学習したことが大きな結果に繋がったのでしょう。

ちなみにベックさんは日本語以外にも、英語やフランス語も勉強されているそうです。とんだ才女でした!

日本人の場合は何年たっても英語が覚えられない、なんてこともありますから、ちょっとショックに感じてしまったりもします。笑

スポンサーリンク

絵の才能にも注目!

武蔵野芸術大学へベックさんが進学した理由は言わずもがな、絵の勉強をする事が目的だったと思います。

 

そもそも韓国にも美術大学はたくさんあるのだそうですが、

そこまで自由度の高い絵を描けないのだそうです。

 

それに対して日本の美術大学は各自がテーマをもって絵を描ける校風が多く、彼女もそれを求めて日本の美大を選ばれた、というわけなんですね。

将来の目標としては美術家やデザイナー、建築家のなどを目指しているとのことですが、日本でも活躍の場があるといいですね~。

出演二回目の人気テレビ番組「今夜くらべてみました」ではその才能をテレビで大きく取り上げられていますが、独特のタッチと繊細な描写が特徴的でした。

こんな感じで、共演された方のイラストなんかもパパっと描けちゃうみたいです!

https://twitter.com/baekpoyo/status/833943688527032320

 

こちらは、ふんわりとした感じの色鉛筆画。

 

こういったキャンバスに描くような、油絵も得意みたいです!さすが美大生ですね~!

 

日本語の勉強も別で進められていたと思いますが、休日も美術館に自ら足を運んだりと、絵に関する勉強も続けているというのですから努力家な一面が垣間見えます。

スポンサーリンク

嫌いと言われる理由とは?

ベックさんについては独特のセンスがあったり、ファッション誌で表紙を飾るだけの実力があり評価されている一方で、性格が嫌いというネガティブな意見もありました。

 

時に、

 

・話し方が嫌だ

・昔の篠原ともえとか、鈴木奈々のパクリみたいな感じがある

・スタイルもそこまで良くないのにモデルとか…。

 

 

まあ、人気が出れば一定数のアンチが湧くのは仕方がないことですよね。

 

でも、私思うんです。

 

芸能界って、総合力だと思うんです。

 

いろんな方が売れたり売れなかったりしますが、たとえモデルで超絶キレイだったとしても、トークが鼻についたり、ヘタだったりするとバラエティでの露出が減り仕事のオファーも減ってしまう傾向にあるでしょう。

 

それと一緒で、顔や見た目がいいからといって売れるとは限りませんし、むしろ「なんでこの人が!」って人が結構売れていますよね?

 

だから、彼女の場合はセンスや独自の才能なんかも結構プラスに影響していると思うんですよね。

 

話し方がおっとりしているとは言われていますが、物言いがキツイ面もあるようで、そこが嫌いと言われる理由なのかもしれません!

 

他にも、今まで彼氏が出来たことがないことを自分自身のコンプレックスにしているみたいで、「自分はクズなんですよ!」みたいに卑下してしまうコメントも言われています。

 

う~ん。自虐的ですねw!

 

他にも天然っぽい発言や芸術肌な発言もトーク番組では連発していますし、変なキャラ、というよりかは深みがあった面白いキャラのようにも感じます。

 

でも、バラエティでたびたび声がかかるというのも、人気のレベルが高くなければいけないですし、業界や共演者からの評判も良くなければ難しいことだと思います。

 

筆者としては応援したいというか、むしろ個性的で自虐的って、売れるキャラだと思いますね!

 

日本の芸能界を盛り上げる要因にもなりうる方だと思いますので、これからも売れて言って欲しいと思います!

それでは今回はこのへんで!ありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いください!

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。