2016-10-12_071401

秋が深まってくると、そろそろボジョレーヌーボーが
気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ボジョレーヌーボーは、
毎年11月の第3木曜日の午前0時に
販売が解禁されます。

それ以前に販売することは認められておらず、じっと待つことになるんですね。

ちなみに今年2016年の解禁日は、11月17日となっています!

ワイン自体も楽しみなのですが、ボジョレーヌーボーの楽しみ方としては
もう一つ……「キャッチコピー」がありますよね。

毎年絶賛している(たまに違うときもありますが)キャッチコピー、今年はどんなものになるのかを楽しみにしている方、絶対たくさんいると思うのです。

今回はボジョレーヌーボーの味や出来の予想はもちろん、
キャッチコピーの予想などもしていきたいと思います!

スポンサーリンク

そもそもボジョレーヌーボーってどういうワインなの?

毎年「ボジョレーヌーボー解禁!」
などと大きく取り上げられていますし、
キャッチコピーも有名になってきました。

でも「実際のところ、ボジョレーヌーボーってなに?」と思いつつ飲んでいる方……結構いらっしゃるのではないでしょうか。

ボジョレーヌーボーとは、フランスの「ボジョレー」という地区で、その年に収穫された

「ガメイ種」

というぶどうを使って作られたワインのことなのです。

「ワインは寝かせるもの」という認識が普通ですが、ボジョレーヌーボーの場合は
「その年に収穫されたぶどう」を使っているのですね。

本来はぶどうの収穫への感謝や祝福と一緒に、
ぶどうの出来や味を確かめるために作られた「地酒」だったとも言えるのです。

新鮮なぶどうを使っているためフルーティな味わいで、普段ワインを飲み慣れない方にも飲みやすい味わいだということも、人気の理由のひとつなのは間違いありませんね。

もちろん、他の地域で作られたワインやぶどうの種類が違うと
「ボジョレーヌーボー」にはなりません。

今年の味や出来はどうなるかを予測

ボジョレーヌーボーの味が毎年変わるのは、もちろんその年に収穫したぶどうを使っているからです。

そしてぶどうが美味しくなるかどうかは、
収穫までどれだけ日光に当たるかにかかっています。

例えば2012年、この年は雨が非常に多く
「ボジョレー史上最悪の不作」なんて言われてしまっていました。

2016-09-04_164611

とはいえもちろんぶどうの栽培方法も常に進化していますので、完全に美味しくない……「どうしようもなくダメ」ということはなくなってきています。

味の安定した美味しいぶどうを作るのは、もちろん作っている人達が望んでいることですしね。

味や出来がどう変わるかは
この通りなのですが……
今年は残念ながら雨が続いたり
洪水の被害も発生しています。

過去を思い返しても、ぶどうが美味しくなるポイントから見ても、今年はあまり期待していてはがっかりする可能性もありますね。

歴代キャッチコピーと2016年キャッチコピーの予想!

ボジョレーヌーボーのキャッチコピーといえば、
毎年べた褒めで思わず突っ込みたくなるようなものが発表されています。

  • 「10年に一度の当たり年」
  • 「ここ10年で最高」
  • 「100年に一度の出来」など、

並べてみると「本当にそれ調べて決めたの!?」と笑いたくなってしまうような一覧が出来上がってしまうのです。

(とはいえ「ボジョレー史上最悪の不作」なんて言われた年もあったわけですが)

「『ここ数年』『ここ10年』『過去50年』でも素晴らしい出来」というキャッチコピーは多く、そろそろさすがに打ち止めになっているかもしれません。

実際ここ数年は「小粒だが味の濃いぶどうが収穫できた」「近年の当たり年である2009年と肩を並べるクオリティ」などと、コピーに深みが出てちょっとパターンを変えてきています。

どちらにせよ、

今年の味が分からないとどの方向性へ行くかは分からないのですが、やっぱり基本的にはべた褒めなキャッチコピーを見せてくれるのではないでしょうか。

最近は「当たり年」である2009年を比較に出すことが多かったので、そろそろ「2009年を越えた」とか出てくるかもしれませんね!

あのキャッチコピーはどのように決まっているの?

ボジョレーヌーボーのキャッチコピーは、「ボジョレーワイン委員会」が試飲して決めています。

それをフランス食品振興会がプレスリリースとして発表して広め、
さらにそれぞれのメーカーが売り出すための工夫を加えています。

実際よく目にするキャッチコピーは
「メーカーが工夫して人の目を引くように作られたキャッチコピー」
なのですね。

あのべた褒めや大仰な言い回し、過去○○年と比べて~……という内容も、
この流れを見ると納得出来る気がします。

ひたすら褒めるだけではなくて、「ボジョレー史上最悪の不作」なんて言われるとつい試してみたくなる……そんな心理もうまく扱っている! のかもしれませんね(笑)。

まとめ

毎年ボジョレーヌーボーの季節になると、
スーパーからコンビニまでもが
予約を受け付けています。

そのおかげで、うっかり忘れていても
「もうボジョレーヌーボーの時期かー」
と思わせてくれますよね。

逆に毎年どんな味か楽しみにしている方もいらっしゃるでしょうし、「ワインは苦手だけどキャッチコピーが楽しみ!」という方も多いと思います。

秋が深まり冬になる直前の、
ちょうどゆっくりした時期だ!
というのも嬉しいポイントですね!

ボジョレーヌーボーは様々な種類があり、また少量でも販売されています。

私もそんなにたくさん飲めないので、いつもそういうタイプでちょっとだけ楽しんでいます。

なくなるとまた一年待つことになりますし、年に一度のお楽しみとして、今まで飲んだことがなかった方も一度試してみてはいかがでしょうか!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ