こんにちは。TGです。

まだ逮捕後の騒動覚めやらぬなか、ASKAさんは容疑者扱いになり連行。容疑を否認しつつも残念な結果となってしまいました。

今後また新事実が発覚するのも時間の問題ではあると思いますが、井上公造氏の証言はとても気になりましたよね。

というのも、「盗聴されているから今どこに言えるのかは言えない」といってたASKAさんの伏線でした。

では、

彼が逮捕時にいた、または井上氏に連絡していたとされた自宅の場所や住所はどこなのか?

また、彼の映像を公開して今プライバシー問題の渦中にあるタクシー会社はどこなのか?

改めて今までわかっている事実をまとめていきましょう。

スポンサーリンク

ASKAさんの自宅の住所はどこ?

今回あえなく御用となってしまったASKAさん。

井上公造氏の証言では「私は電話をしている場所を教えてもらえなかった」とのことでしたが、実際のところはいかに?

逮捕時の情報では、

東京都目黒区東が丘1

というところまで公開されていました。

そして現時点ではこちらがその場所なのではないか、という所まで話がでてきています。

現時点ではここまで特定されているみたいで、おそらくタクシーが降車したときにも、証言の映像をチェックしてみると「車をぎりぎりまで近づけてください」という会話がレコーダーに記録されていました。

おそらく、ネットの特定班の方がこの情報を公開されたと思われますね。

タクシー会社の社名は?どこの会社か気になる件

こちらもそうですよね~。なかなかに気になります。

もしかしたらタクシー会社も「ギフハブ」の一味なんていう憶測が飛び交っていますし…。

じゃあこのタクシー会社、どこなの?
という話なのですが、これについては

「チェッカーフラッググループ」

という所だと、車の映像や仕様、車の内装の柄から特定されています。

会社のURLはこちら…ですが、現在案の定めっちゃ混雑していて確認が難しくなってしまっています。

http://www.checker-cab.co.jp/call

今回の映像流出は良くない、というか法律違反の可能性すらあります。

タクシーの映像は犯人の証言の特定に使ったりすることはあるかもしれませんが、映像の提供ともなればまたこれは別の話。

事前に条件を満たさなければ映像をそのままテレビ局に提供することなどコンプライアンス以外の何物でもありません。

今後、このチェッカーグループには重い制裁が下されるとは思いますが…。ギフハブではなく彼はタクシー会社に監視されていたなんて(しかも無許可に映像提供されるなんて)なんとも皮肉極まりない話です。

まとめ

今回の事件、もっとなんとかならなかったんでしょうかね。

批判が殺到していますし、今後タクシー会社はキビシイ矢面に立たされることでしょう。

監視社会とはよくいったものですが、今回はあくまで氷山の一角。スマホも車も街の様子も、もしかしたらすでに録画されているのかもしれない。

そんな憶測を呼ぶ今回のニュースでした。

ありがとうございました。

関連記事 謎の組織ギフハブとAR監視アプリに恐怖!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ