2016-11-28_035022

3ナンバーの車と5ナンバーの車の違いって、どう認識してますか?

「大きい車が3ナンバーで税金が高い!」

「5ナンバーは排気量が少なくて税金が安い」

このようなパターン……そう、「3ナンバーの車のほうが税金が高い」と思っている方が多いですよね。

でも実は、確実にこのパターンであるとは限らないんです。

「維持費を安くしたいから5ナンバーにした!」というのは間違いで、この辺りをしっかり把握するためには税金がどうかかるかを正しく把握しておく必要があります。

今回はこの2つのナンバーの違い、またどちらがお得なのかなど、車のナンバーについて詳しく調べていきましょう!

スポンサーリンク

3ナンバーと5ナンバーどちらがお得?

3ナンバーと5ナンバーどちらがお得かを見るために、まず車にかかる税金を把握しておきましょう!

車にかかる税金は、

  • 車を購入した際にかかる「自動車取得税」
  • 車検時に支払う「自動車重量税」
  • 毎年5月頃に支払う「自動車税」

の3つがありますね。

そしてそれぞれの支払う額ですが、以下のようになっています。

  • 自動車取得税:車両価格によって決定(中古の場合は経過年数などで決定)
  • 自動車重量税:自動車の重量で決定
  • 自動車税:排気量で決定(トラックの場合は最大積載量で決定)

「……あれ、ナンバーでの区別がひとつもない!?」

そうなんです。

税金は車両の「数値」で管理されている!

実は、税金の区分でナンバーを使って分けているものはひとつもありません。全て車両価格、自動車の車重、排気量と、車ごとでことなる、測定出来る数字によって自動車税の金額は判断されているのです。

2016-11-28_035220

また、維持費として大きなものに「車検」がありますね。

自動車重量税はここで払うことになりますが、同時に払う「自動車賠償責任保険」の料金は普通車と軽自動車の分類しかありません。

検査料でようやく3ナンバーが1800円、5ナンバーが1700円という差がありますが……完全に誤差ですよね。

ここまででお察しだと思いますが、実は3ナンバーと5ナンバーで維持費の違いはほとんどありません。

維持費の違いが出るのは車種や経過年数、エコカー減税などの適用の有無のほうが大きいんです。

3ナンバーの車よりも5ナンバーの方が高くなる場合は?

車の重量、または排気量で税金が決定されるので、実は5ナンバーの車のほうが税金が高くなる可能性もあります。

これを把握するために、まず3ナンバーと5ナンバーの決定方法を知っておきましょう!

5ナンバーの車は

  • 車両の全長が4700mm以下
  • 全幅が1700mm以下
  • 全高が2000mm以下
  • 排気量が2000cc以下

という条件で決定されます。

これらの数字のひとつが1つでも上回る場合、3ナンバーとなるのです。

こうしてみると単純な分類で、わかりやすく感じますね。

これを前提とすると、5ナンバーのほうが税金が高くなる可能性も見えてきますね!たとえば5最近見なくなりましたがナンバーのセダンよりも、5ナンバーミニバンの方が税金が高くなる、ということになります。

車の寸法による場合

2016-11-28_035422

車の寸法で1mmでも規定サイズより大きかった場合、3ナンバーとなります。

しかしこれは車の重さを決定したり排気量が変わるものではありませんよね。

「エアロパーツが多く幅が広がり3ナンバーになっているものの、排気量は1499cc」という可能性もあります。

その結果、3ナンバーの車のほうが自動車税が安くなる可能性もあるのです。

ちなみに自動車税は

  • 1500ccまでが34500円
  • 1500cc超から2000ccが39500円
  • 2000cc超~2500ccが45000円

となっています。

3ナンバーになった理由が車の寸法であり、排気量が1500ccより下だった場合は、5ナンバーより税金が安い可能性ももちろんあるのです。

車の重さ、年式などによる場合

2016-11-28_035337

「自動車重量税」は車の重量や経過年数、またエコカーかどうかによって決まります。

ここにナンバーは全く関係なく、むしろ重要なのは経過年数の長さやエコカー減税が入るかどうかになります。

つまり大昔のニュービートルよりも最近のエコな軽自動車のほうが維持費も安く、古い車にはむしろペナルティのように税金が課されるのです。世間はエコカーなんて言ってますが、排気ガスの触媒を付け替えて、古い車を乗り継いだほうがエコと思う筆者は野暮なのでしょうか…。

ともかく、古い5ナンバーの車が3ナンバーの車より税金が高くなるのは、むしろエコカー減税などがある今、当然起こり得ることなのですね。

まとめ

税金をしっかり確認すると、確かにナンバーによる違いってひとつもないんですよね。

ではどうして「3ナンバーは維持費が高い」というイメージがついているんでしょうか?

実は割と単純な話で、昔は3ナンバーと5ナンバーの税金が全然違っていたんです。

3ナンバーは大体2倍以上もの税金という状態になっていたので、「維持費が高い、お金持ちの車」という印象があるのですね。

そして初めて車を買うときもその世代を知っている方は「3ナンバーは高いから5ナンバーにしなさい」と進めてくれます。

現在はどちらも税金は変わらず、維持費は車次第というのが正しいです。

お好みの車を3ナンバーだからと言って諦めたりせず、気楽に考えていきましょう!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ