2016-11-21_142734

「春節」という言葉、あまり聞きなれないという方もいらっしゃると思います。むろん私もでした。TGです。

春節とは日本で言う「旧正月」に当たり、中国などでは1年で最も大切な日とされているのです。

もちろん中華圏でも新暦の正月(1月1日のこと)はお正月として広まっていますが、より大きな祝賀モードになるのは春節。そして羨ましいことに、春節から1週間ほどは大型連休になることが多かったりします。

この時期中華圏内はもちろん祝賀モードですし、長期休暇を利用して日本へ渡ってくる方もたくさんいます。

その影響は全世界にも及ぶとも言われていますし、日本でも春節休暇の来日に合わせた爆買い対策などが考えられています。

もちろん中国と取引をしている方は、重要な取引が春節にかからないように注意する必要があります。

2017年の春節はいつなのか、また地域による違いも把握しておきましょう!

スポンサーリンク

2017年の春節はいつ?気になる休日期間もチェック!

まず最初に、やはり一番気になる「春節がいつなのか」をチェックしておきましょう。

来年2017年の春節は

2017年1月28日(土)

となっています。

そして春節のお休みですが、これも「春節の前日から1週間」と定められているので

1月27日(金)~2月2日(木)

になりますね。

お正月にも休みがあって、直後に1週間もお休みがあるなんて羨ましい話です(笑)。

春節は中華圏の方にとって重要な日なので、この期間は中国との取引も担当者が春節でいなくなりストップすることが多いです。

先程「世界中で移動がある」とお話しましたが、もちろん中国内でも帰省などで交通機関は非常に混雑します。

また、日本でも中華街などでは毎年盛大に春節イベントが開催されています。

パレードや記念撮影などがありますので、気になった方は一度タイミングを合わせて中華街へ遊びに行ってみるのもありではないでしょうか!

春節の休暇は地域によって時期が違う?

2016-11-14_115606

中国がやはり目立ちますが、春節を祝う国は東南アジアをはじめ世界各地でもたくさんあります。

香港や台湾はもちろんですし、韓国や北朝鮮、ベトナム、シンガポールなどでも休日に制定されているのです。

春節は1月28日なのですが、休日はもちろん地域によって変わります。

先程の2月2日までというのは中国の話で、台湾や香港も合わせると以下のようになります。

  • 中国……1月27日(金)~2月2日(木)の7連休
  • 台湾……1月27日(金)~2月1日(水)の6連休
  • 香港……1月28日(土)~1月31日(火)の4連休

もちろん個人で有休を取って、もっと長くお休みをする方も多くいます。

地域で休日などに多少の差はあるとはいえ、少なくとも4連休あれば帰省や旅行で大規模な移動があるのも納得ですね。

春節は具体的にどんなことをする行事なの?

休日予定を見るとお分かりの通り、春節の前日からお休みとしている地域が多いです。

春節の前日のことは「除夕」と言い、日本の日で言うと「大晦日」に当たります。

地域によって違いはありますがこの日に特別な食事を食べ、正月に備えることが一般的です。

また、日本のお正月における「門松」「しめ縄」のような飾りつけとして「福字」「春聯(しゅんれん)」というものがあります。

「春聯」は新年のお祝いや健康、繁栄を祈る言葉などが書かれてある華やかな飾りで、家の入り口に貼っておくものになりますね。

日本のお正月みたいな風習はある?

「福字」は名前の通り「福」という文字が大きく書かれた飾りで、こちらは家の門や壁に貼ります。また、日本におけるお年玉のような風習もあり、子どもに赤い袋に入った「圧歳銭」というものを渡します。

特に都市部の中国では一人っ子政策のため子どもが少なく、一人でお年玉を独占して高額なお金を手に入れることも多いそうです。

また春節では、家族の団らんを重んじるのが一般的です。

帰省が増えるのもこれが一番の理由で、同じように家族で旅行するパターンも増えてきています。

春節の期間の中華圏の観光客はかなり多く、日本でもそれを見越して稼ごうという動きが活発になっているのです。

日本での春節イベントの一部を紹介!

もちろん日本でも春節イベントが開催されている場所があります。

2016-11-07_113918

何よりまずは先程もお話した、中華街での春節イベント気になるところですね!

横浜中華街2017春節は2017年1月28日から2月11日開催予定となっています。

新年を迎えるカウントダウンや伝統の獅子舞、そしてパレードなど様々なイベントが予定されているので、お近くの方はぜひ覗いてみてくださいね!

また、名古屋でも春節のお祝いが毎年開かれています。

2017年の名古屋春節祭は1月7日(土)~9日(日・祝)開催となっています!

中国の屋台や物産など幅広く中国文化に関われるイベントですので、こちらもぜひ一度覗いてみてはいかがでしょうか。

まとめ

日本では正月と言えばもう完全に1月1日の元旦となっていますが、すぐ近くの国では旧正月がこんなにも盛大にお祝いされていたのですね。

(もちろん国内でも、旧正月の風習が残っている地域もあります)

観光客が増えだしたのは2010年頃からなので、観光地近くにお住まいの方は大分早くから実感出来ていたかもしれません。

また国内では、イベント以外でも中国人の爆買い対策やそれを見越した準備などが進められています。

そして嬉しいことばかりではなく、マナーの悪さなど様々な問題も抱えているのも事実です。

少しずつ歩み寄り、お互いに心置きなく楽しめるようになると良いですね。

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ