2016-08-30_200547

 

三重県にある、なばなの里のウィンターイルミネーションをご存知でしょうか。

全国イルミネーションランキングで3年連続第1位、
東海地区の主要施設総入場者数では9年連続で第1位という、
大規模なイルミネーションイベントが開催されるのです!

イルミネーション会場の多さ、華やかさを思い出すだけでも、
3年連続トップというのはすごいですよね。

運営はナガシマリゾートなので、実は総入場者数に関しては
ナガシマリゾート全部合わせての数字なんですけどね(笑)。

でも9年連続1位と言われても違和感のない魅力があるのも本当です。

なばなの里のウィンターイルミネーション、
ぜひ一度眺めに行ってみませんか?

  • 「いつから開催なの?」
  • 「いつまで?」
  • 「混雑ひどくないの?」

こんな疑問にお答えしつつ、詳細をお話していきたいと思います!

スポンサーリンク

なばなの里ってどんなところ?

なばなの里は植物園で、
ナガシマリゾートの施設の1つです。

里内にはレストランやカフェ、ベーカリーショップ、売店などが揃っています。

また長島温泉を利用した温泉施設「里の湯」もあり、
隣には東海地区最大級の花市場も並んでいます。

「花」がテーマの施設としても東海地区最大級であり、
一年中賑わっている場所なのです。

なばなの里(三重県桑名市長島町駒江漆畑270)への行き方

公共交通機関を使う場合から順番に紹介していきます。

公共交通機関を使う場合

  • 名古屋から名鉄バスセンターより高速バス(名鉄バス、三重交通)乗車、約30分
  • 桑名駅から三重交通バスで10~20分(イルミネーション期間中は運休しています。近鉄長島駅からのバスをご利用ください)
  • JR長島駅・近鉄長島駅から桑名市コミュニティバス「K-バス」長島ルート乗車→「なばなの里前」下車(本数が限られています)

またJR長島駅・近鉄長島駅からは徒歩で行く手段もあります。

徒歩でも20分程なので、渋滞している場合は
こちらのほうが到着が早い可能性もあるんですね。

車を使う場合

  • 東名阪自動車道長島IC→南へ10分程
  • 伊勢湾岸自動車道湾岸長島IC→北へ20分程

また国道1号、23号を使って行くルートもあります。

駐車場は無料で、3000台まで駐車できるようになっています。

特に混雑が予想される「特定日」は、ナガシマスパーランドの
無料大駐車場から無料シャトルバスも運行されています。

ナガシマスパーランドの駐車場は13000台まで収容出来るとのことで、
安心して車で行くこともできそうですね!

なばなの里、2016年イルミネーションの期間は?

いよいよ2016年、今年のイルミネーションについてお話します!

今年のなばなの里・イルミネーションの期間ですが……

2016年10月15日(土)から2017年5月17日(水)

となっています!

……初めて聞くと、驚く期間の長さですよね。

なばなの里も、以前はここまで長くありませんでした。
5月終了は今年で3回目なのです。

なばなの里、人気の高さがこんなところからも分かりますね!

営業時間は9:00から、平日は21:00、土日は22:00までとなっています。

イルミネーション点灯開始は多少ずれる日もありますが、
基本的には17時からです。

公式サイトにカレンダーもありますので、
行けそうな日を見比べてみるのもありですね。

最終的な日程・時間は10月初旬頃決定となっています。

現在のカレンダーはあくまで「予定」なので、ご注意くださいね。

なばなの里のイルミネーションは何がすごいかというと、
「華やかなイルミネーション全てが電球のイルミネーションを使っている」
というところなんです。

プロジェクションマッピングを使わず本物の電球だけを使った
本物の光の世界、ぜひゆっくりご覧になってくださいね!

公式サイトにはどんなイルミネーションがあるのか、
写真が動画でも紹介されています。

ぜひそちらもゆっくり見ていただければと思います。

なばなの里、やっぱり混雑する?しない?

「全国イルミネーションランキングで3年連続第1位」
「東海地区の主要施設総入場者数では9年連続で第1位」

……もうこれを聞いただけで身構えてしまいますよね。

その通りで、なばなの里のイルミネーションはやっぱり土日や連休、
そしてクリスマスの時期はどうしても混雑します。

基本的なスタイル
「土日祝は混みあい、平日は空いている」
というのはもちろんあります。

でもだからと言って、平日に必ず都合を付けられるわけではないですよね。

そう言った場合の対策法として、「日曜の夜」をオススメします。

皆様ご自身が予定を立てるときも、次の日が学校や仕事となれば
その日は早く切り上げるようにしていると思います。

つまり日曜日の遅い時間……20:00~閉園時間くらいまでは、
比較的混雑も少なくなっているのではないでしょうか。

イルミネーションは閉園時間まで続いていますので、
遅くしたからといってイルミネーションが見れないなんてこともありません。

もちろん三連休で月曜日が休みの場合、
この方法を取るのは月曜日になりますね。

また、このために無茶をして次の日がしんどくては
意味がなくなってしまいます。

帰りのルートや次の日の予定など、
やっぱり事前に対策はしておいたほうがゆっくり楽しめると思います!

チケットを事前に買って混雑回避!

なばなの里の入場チケットは、前売り券があります。

このチケットがあれば当日券と引き換えなども必要なく、
そのまま入園することが出来るのです。

当日券を買おうとすると、
まだ入る前から行列に並ぶことになってしまうかもしれません。

前売り券を買っておけば、入場だけでも1つ
混雑場所を回避することが出来るんですね。

ぜひ前売り券を買っておくことをオススメします!

前売り券ですが、サークルKやサンクス、セブンイレブンなどの
コンビニで購入することが出来ます。

また、湾岸長島パーキングエリアの売店でも購入が可能です。

当日から使えますので、少し立ち寄って
こちらで前売り券を購入するのもありですね!

まとめ

全国的に見ても有名ななばなの里イルミネーションですが、
こうして確認すると前売り券や大駐車場とのシャトルバスなど、
「なるほど」と思わせられる手も色々打たれてありますね。

こういったのも、人気を支えるポイントになっているんだと思います。

なばなの里は広く、混雑も重なって
一度では満足に全部を見ることが出来ないかもしれません。

期間も長いことですし、一度と言わず何度でも
足を運んでみてはいかがでしょうか?

11月や3月以降などであれば、多少混雑もマシではないかとも思います。

逆にもちろん、12月やクリスマスシーズンに行くのであれば
最大の警戒が必要ですよね……。

いっそ雨の日に行くのも、また違った美しさを見つけられるかもしれません。

寒い季節になりますので、
防寒対策などはしっかりしてから行くようにしてくださいね!

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ