2016-09-04_164037

こんにちは。TGです。

人間、誰にだってやらなければいけない時があります。それは一発芸でも同じ話でしょう。

先輩からの頼みであれば
よけいにやらなければいけない時だってあります。

きっとこれを読まれている方の中にはそんな無茶ぶりをされて、宴会までにネタを考えなければいけない状況かもしれません。

いや、今現在もうすでに居酒屋とかのトイレで「やばい、今日どうしよう…」と、トイレに行くふりして一発ギャグを見つけるべく検索に勤しんでいる所なのかもしれません。

そこで、

今回筆者が過去に経験した一発芸の中でも、
特に簡単で効果的(つまりウケやすい)ものを
いくつかジャンルに分けて紹介していきます。

これを読んでいるあなたがウケますように!

スポンサーリンク

一発ギャグに絶対必要な要素は?

テレビでお笑い芸人を見て笑っている時は気楽でいいものの、それを自分がやる立場になったが最後、かなり追い込まれますよね…。つまらん!なんて自分が言うのは簡単ですが、もしも自分がその立場になったときには言われるとショックですし、言葉に出ずとも相手が白けているのは目に見えてわかるものですから…。

かつては筆者もいくつか滑り芸を披露して会場を疲労させたことがあります。というのも滑っていますね。間違いなく。

そしていくつかの経験をして感じたことがいくつかありました。

一発ギャグでウケるためには
今まで試行錯誤を繰り返した結果
これらの要素を抑える必要がある
という事に気が付きました。

  • シンプルで分かりやすいものにする
  • 自分の技量で実践できるものにする
  • 短くキメる、メリハリをつける

これらですね。では、順番に説明していきます。

その1.シンプルで分かりやすいものにする

まず前提条件として、一発ギャグはシンプルで分かりやすいものにします。

2016-09-04_164742

自分が難しいと思うものは他人にも難しく、それは自分にも当てはまります。マニアックなものは極力排除したほうが、笑ってもらいやすくなりますね。

ごくごく一部のターゲットや
職場などでの内輪ネタ
などであればまだいけます。

が、

若い人から年配の方までをターゲットにする場合には、世代を意識してネタも認知度の高いものを選ぶ必要があります。

「誰から見ても分かりやすいシンプルなネタ」

を心がけましょう。

また、老若男女全員を100%笑わせるというのは難しいです。

年齢層が分かるのであればターゲットを絞ってリズムネタなどでもいいですが、年齢層が上になる場合にはウケが悪くなります。

なので、できるだけ大勢にウケる、わかりやすいネタを意識して考えます。なかでも、若い世代だけで流行っているお笑い芸人ネタなんかは止めておくのが吉ですね。

その2.自分の技量で実践できるものにする

こちらも前提条件ですね。

というか、一発ギャグにハナから真剣ですみません。笑

が、一発ギャグは失敗は自分の身を滅ぼすことにもなります。意外と真剣に取り組まなければ、昇進などにもかかわることだってあります。コミュニケーション力や協調性がない、みたいに査定されることも十分考えられますからね。

ですので、自分の苦手なネタは極力避けましょう。

例えば普段無口な人が、セリフを早口で喋らなければいけないネタを使ってもなかなかうまく伝わりません。

最悪の場合セリフが飛んで噛み噛みになってネタの全体像を理解してもらえません。

自分にあった、負担の少ないネタを選びましょう。え、恥ずかしい?それはデフォルトですよ!

その3.短く決める・メリハリを付ける

一発ギャグは冗長であってはいけません。関西風に擬音をふんだんに使って表現すると、スッといってバーン!といく必要があります。

伏線は先に用意しておいていいのですがあまりに長いと見ている人が飽きます。

また、オチが面白く無いとそのまま消化不良を起こします。

なので、基本的には皆が注目して集中してくれる30秒以内ぐらいの間でケリをつけるという感覚で臨むべきですね。

オススメで比較的簡単にウケるネタの作り方例

ここで、ネタの王道として使えるいくつかのネタ例を紹介します。

比較的受けやすくケガが少ない(滑りにくい)ので、ネタに困っている場合にはぜひ活用してみてください。

トレンド芸人のにのっかる

今が旬のお笑い芸人さんをそのままネタとして直輸入します。

今まさにテレビに出ている人であれば絶大な破壊力を持っているので活用してもハズレにくいですね。

該当する芸人さんの着用している衣装に特徴があれば、着ているだけでウケますのでまずは見た目もマネしてみましょう。また、芸のテンポが早すぎるネタなどはあまりオススメできません。会場がガヤガヤしているとわかりにくいです。

2016-09-04_164330

また、芸人さんのネタにはデメリットも存在します。

あまりそのまま流用するとオリジナル性が損なわれます。

なるべく所属している会社・組織の内輪ネタや、自分の特徴などとかぶせるようにしてオリジナル性を高めていくといいですね!

パワー芸

笑い、というよりかは凄さが際立つ芸ですね。

少年週刊誌を真っ二つに破るとか、使わなくなったフライパンを潰すなどは非常にインパクトがあります。力自慢であれば今すぐ実践すべきです。

2016-09-04_164652

ただ、毎回同じような芸ではやはり飽きられますし日頃からトレーニングが必要になるのでちょっと難易度が高いわりにコスパが低いです。

モノマネ芸

これは簡単ですね!

しゃべりが必要なものまねの場合は
声が通るように練習しましょう。

モゴモゴと聞こえると失敗ですので…。

また、状況に応じて個別の
マニアックなネタも用意するといいですね。

2016-09-04_164611

たとえば有名な先輩のモノマネなど
会社や学校の組織であればあるほど
マニアックなネタは受けやすいです。

それも、みんなの印象が強い
内輪でも知名度の高いものですね。

(たとえば嫌な取引先に電話した後の●●主任のため息のモノマネ、などなど…)

他にも野球選手などのマニアックネタもいいですが予備知識がないと途端にウケが悪くなるのであまり自己満足に走らないようにすべきですね。

勢い芸

これは元気や若さを全面に押し出した戦略です。

取り合えす声をはって、身振り手振りを大きくしておけばお酒の席で滑るということはありません。

また、動きを伴う芸では
お店の中でやるのならば
備品を壊してしまうこともあり
注意が必要です。

必ず周囲のマージンをとっておいて下さい。

キレ芸になってもいいのですが、最後はダチョウ倶楽部のネタ風に仲直りしておきましょうね!

手品芸

これは準備が必要になりますが、意外に滑ることはありません。

大規模な会場には向かないものの小規模であれば十分ですね。

2016-09-04_164522

単体では笑いの起きるものではありませんが、勢い芸と合わせることによってクスっとさせることができます。

笑われることが前提ではない芸なので、手品を成功させさえすれば拍手がもらえるのも魅力的でしょう。

シュール芸

静かな会場であれば意外と応用が効きます。

セリフを多用することが多く聴きとってもらいやすいからですね。

(説明しよう!みたいなやつです)

2016-09-04_164503

シュール芸の大きなメリットは恥ずかしくなりにくく、モーションも小さく出来る点でしょう。

ちなみにどちらかと言うと、シュール芸は2次会向けなネタです。

お笑い芸人のネタもチェックして使いまわしてみるといいでしょう。

ギャップ芸

普段おとなしい人ははっちゃけるだけで注目が集まります。

逆に普段激しい人もおとなしくすることで観客からいじられながらウケを狙えるので非常に美味しい芸になりますね。

2016-09-04_164421

また、一見歌わなさそうな人が上手く歌うだけでも容姿とのギャップがあればかなり狙いやすいです。

ぜひぜひ活用してみてください!

下ネタ芸

これも2次会向けのネタですね。

使いドコロさえ間違えなければ
非常に破壊力の高いネタです。

また、

お酒の席で許される下ネタは
ウィットに富んだものであることがほとんど。

ド直球ではウケる確率が非常に低いばかりか、異性や先輩から意図せず反感をうけることもあります。

基本的にはアンジャッシュの
「それぞれ考えている事が違うネタ」
「別の意味で言っているのに違う意味になるネタ」

みたいなものをイメージして取り組むようにしてみてくださいね。

参考動画

アンジャッシュその1
アンジャッシュその2

あるあるネタ

これは特定の集まりであれば使いやすいです!

サークルの集まりだったり、会社の集まりだったり特定のコミュニティの集まりであればあるあるネタを共有することで

「あ~!(あるある!)」

みたいな歓声を受けやすいです。

まあ、基本は笑ってほしいのですけどね。笑

メモ帳などに普段からあるある要素を書き出しておいて、共感を誘いまくりましょう!

体を張る系

プロレスラーの張り手の返し合いみたいなやつですね。

体格が良くないとちょっと危なくも思えてくるので太めの男性である場合にはオススメです。

あと、あまりに痛そうなやつをやると席に戻った時に心配されます。

それが狙いなら良いのですが(笑)ガチで痛そうな・実際に痛い芸はやめにしましょう。

また、この芸の場合にもお酒が入っていると
周囲に気が回らず備品を壊してしまいかねません。

安全第一ですね。

まとめ

それでは一通り、一発ギャグでウケやすいものを中心に筆者のオススメをポイントも交えつつお話していきました。

まず考えなければいけないポイントとして

「なるべく大勢が気兼ねなく笑ってくれそうか?」

という所を考えてみるようにしましょう。

世の中にはウケではなく悪乗りをしてしまい一発ギャグで出世を逃したり不本意に異性からドン引きされる人が後を絶ちません。

滑ってケガをしてしまっては元も子もないので相手を思いやって笑わせにいってくださいね。

関連記事

2016年にオススメな一発芸は?

一発芸をやんわり断る鉄板ストーリー

この記事が気に入ったら、拡散やシェアなどして頂けると嬉しいです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントについて

いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

意見や感想、情報提供の場としてコメント欄をお使いいただければと思います。

コメントの反映には少し時間がかかるので、表示まで少々お待ちください。

コメントをどうぞ